プロフィール



Author:ゆずな
*Twitter* @yuzuna910games
*Game Meter* Yuzuna
アイコンはnono様より借用。

カテゴリーリスト

openclose

コメント
<>+-

 

《クリアレビュー》エルクローネのアトリエ

エルクローネのアトリエ ~Dear for Otomate~


ガストが展開する、調合と戦闘でおなじみ「アトリエシリーズ」から
生まれた乙女ゲームです。システムはオトメイトブランドそのもの。

アトリエシリーズをご存じない方は、この作品で
「へ~、アトリエシリーズってこんな感じなの?」と判断せず、
まったく別物ととらえていただきたいのが個人的な感想です。



☆良かった点

・イラスト・キャラクターデザインのかわいらしさはさすがガスト!

「メルルのアトリエ」や「トトリのアトリエ」など、
“アトリエシリーズ”と呼ばれるガストのRPGゲームで登場しそうな
愛嬌あふれるキャラクターたちが多数登場します。

サブキャラの雰囲気も、いかにもアトリエの世界観で
違和感なく登場しそうなキャラクターばかり。

ちびっこやおじさんに至るまで、どのキャラクターも
生き生きとしていて、イラストは見ていて飽きません。


☆いまひとつ?


・一辺倒のシナリオ

キャラクターにはそれぞれ味のある個性があるのに、
すべてのルートで、キャラクターの言動を含めて
ほぼ同一なパターンで展開されてゆくシナリオがとても残念。

ルートによっては、主人公への対応やセリフが
あまりにも「そのキャラらしくない」と感じてしまい、
無理やり定めたレールにあてはめられているような居心地の悪さを感じました。

せっかくの魅力的なキャラ付けがもったいない!

周回を重ねるにつれ、一辺倒な展開には飽きもきてしまいます・・・



・乙女ゲームだということを最後に思い出す

シナリオ絡みでもう一点・・・

見せ場であろう場面を含め、あまりヒーローの活躍や
恋愛の進展が「乙女ゲーム」らしく描かれていなかったように感じます。

どちらかというと、
「主人公の成長物語~甘酸っぱい恋愛を添えて~」
という感触、でしょうか。

恋愛の過程や、ヒーローとの交流がいまひとつ
頭に入ってこない展開に感じてしまいました。

エピローグでは、かなり「恋愛」色の濃いエピソードを楽しめますが
メインストーリーが健全すぎて、恋愛脳になっていない状態で読んだので
若干おいてきぼりの感あり・・w



☆まとめ

とにもかくにも、「シナリオ」が気になってしまった作品です。

キャラクターに魅力があるだけに、
もうすこし「乙女ゲー」らしいシナリオであったりとか、
主人公とヒーローとの心が通っていく過程が丁寧に描かれた作品であれば
大きく感想が変わったのではと思われます。。

「調合システム」に関しては、難しくなく、
アトリエの錬金術師としての雰囲気が味わえたので
個人的には悪くなかったと思います。

もともと、アトリエシリーズは
主軸のストーリーがあり、戦闘メンバーにかかわらずメインストーリーは一定です。
戦闘や調合を駆使しながら日々を重ね、
大きな目的を達した先に様々なエンディングを楽しむことができます。

本家アトリエでは、戦闘や調合要素がとても楽しく、
行動を通じて、パーティーメンバーとの交流も深まっていきますので
そういったストーリー展開でなんら問題はないのですが、
読み物として楽しむ「乙女ゲーム」においては
エンディングまでほぼ一本筋~というシナリオ展開は不向きかと。

また、「乙女ゲーム」のプレイヤー層に対して、
意識されている年齢層が若干低いストーリー展開のようには感じました。

ファンタジー性の高い乙女ゲームも多数ありますが、
「恋愛」を題材にしている割には、読み物として
「・・・ん??」と感じてしまう箇所が多かったのがこの作品でした。
(ゴメンナサイ)

エルクローネのアトリエ ~Dear for Otomate~
エルクローネのアトリエ ~Dear for Otomate~


web拍手 by FC2


\ブログ村ランキング参加中です♪/
ポチっと応援ありがとうございます♪


にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

※誹謗中傷およびそれに準ずる内容のコメントは予告なく削除される場合があります。何卒ご了承くださいませ。

Photo
反響記事