ネタバレしないぉ!(`・ω・)ゲームプレイ日誌。

RPGとADV・推理モノが大好物の女子ゲーマーです。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手 by FC2

\ブログ村ランキング参加中です♪/
ポチっと応援ありがとうございます♪


にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

【 --/--/-- (--) 】  スポンサー広告  | CM(-)

《クリアレビュー》白華の檻 ~緋色の欠片4~

白華の檻 ~緋色の欠片4~ (通常版)



「緋色の欠片」シリーズの4作目となる本作ですが、
緋色シリーズのプレイはこの作品が初めてです。

ストーリーの描写も懇切丁寧で、
これまでの緋色シリーズをプレイしていなくとも支障は全く感じませんでした。

先入観なくプレイできたという面でかえって良かったようにも思いますので、
緋色シリーズを未プレイの方にもオススメできる作品といえそうです。
※緋色1と4の登場人物の何人かは、いわゆる祖先と末裔という血縁があるようで
 2作品をプレイすると、より楽しめる部分もあるのかなと思います。



☆良かった点

・攻略分岐がやさしく、バッドエンドにもお楽しみが隠されている…!
  基本的には前半でキャラクターの絞込み、
  後半で好感度が変動、という仕組みとなっており、
  しかも全エンド一覧までご丁寧に用意されています。
  初心者でもフルコンプしやすいつくりかと思います。

  クイックセーブ&ロード、バックログや既読スキップなど
  あるといいな~というシステムも搭載されていて周回がラクラク♪

  さらに、敬遠されがちなバッドエンドにもお楽しみがあり、
  バッドエンドリストというものもおまけに付属しています!

  これまでプレイしてきた乙女ゲームの中で、
  バッドエンドにお楽しみが用意されているゲームをプレイしたのは
  後にも先にもコレが初めてです(笑)

  要所でセーブをとっていれば、バッドエンドのチェックにも
  そんなに時間はとられませんので、ぜひ一見の価値アリでは
  ないかなと思います♪
  

・スチルと音楽の美しさは、筆舌に尽くしがたい…!
  藤田さんの「それでも私は」が使用されているオープニングは、
  その美麗なスチルの数々と音楽の融合の、集大成であると思いました。
  あまりに感動しまして、はじめて乙女ゲームの主題歌を購入しました!

  すこし物悲しい雰囲気と、雅なイラストが、
  シナリオに大変よくマッチしており、物語に引き込まれます。

  ゲームBGMも雰囲気にとても合ったものが使用されていて
  戦闘場面にも華を添えています。


・攻略外のルートでも輝くキャラクターたち
  攻略対象キャラクターたちは、自分の攻略ルートのみでなく
  自分以外の攻略ルートでも容赦なく、見せ場を作ってくれます。

  このルートで、結ばれることはないというのに
  愛情を感じさせてくれるキャラクターたち。
  それがうれしいやら戸惑うやら・・・(笑)


・強い女性像、信頼の主従を結びたい方にドンピシャです
  主人公は季封という村の長であり、
  「姫」と呼ばれています。
  武芸に優れ、心身ともに強い人間像です。

  登場人物たちも、下った態度こそ取りませんが、
  主人公を尊重し、時には背中を預けるような
  そんな関係が比重大きく描かれます。

  「守られるばかりじゃ物足りない」
  そんな方にこそおすすめです。


・奥深い・・・!バラエティに富んだ展開
  攻略キャラクターそれぞれに、話の展開や
  障害もめまぐるしく変わり、飽きることがありません。

  設定が素晴らしいからだと思いますが、
  周回しても常に新鮮さを感じさせる構成には
  感嘆のひとことです。

  

☆いまひとつ?

・ストーリーはときに深い闇
  「罪」「檻」といった表現が非常に多く、
  またそういったテーマで全編が描かれています。

  切なくなったり、哀しくなったり、
  そんな場面が数多く展開されますが
  中には、少々酷なシーンも。

  ココロを強くもって挑まないと、
  ストーリーの闇にのまれてしまうかも!?


・戦闘シーンが多めです
  厨二病発言を笑って楽しめる方であれば問題ありません。
  なにかと闘う場面が多い作品です。

  もちろんこの戦いの数々は、その後の恋愛においても
  ストーリーの進行においても決して無意味ではないのですが、
  なにしろ戦ってばかりです(笑)

  ですので、この数多い戦闘場面を退屈にしないために
  "主人公のチートスキル"や
  "極限を超えた力"、はたまた
  "自然界を操る巧みな技"などを楽しむスタンスが
  望ましいかなと思います。w




☆まとめ
涼しくなり、夜が長くなってきたこの季節にふさわしい
しっとりした良作を、堪能することができました。

シリーズものというと、1から始めた方が分かりやすいのかな・・?と思いがちですが
シナリオがとても丁寧なお陰で、1周目から物語の理解度も高まり
まったく支障を感じずに、最後まですすめられました。

この作品の時代は「平安」ですが、ここから「現代」に向けての
「こんな風に移り変わっていったよ」というような描写が
とあるキャラクターのルートで読めましたので
子孫が「緋色1」で活躍しているのかな?

順番が前後してしまいましたが、
折を見て緋色1をプレイしてみようと思いました♪

 ☆ご参考まで☆
 移植・FDなど多くのシリーズ作が発売されていて、
 ドレを買えばいいのか悩むところですが
 ブログ友達のyonakaotomeさんが、本シリーズの
 発売作品まとめを公開されています☆ →こちら



作品の最大のポイントは、
「罪」そして「愛」とどう向き合うのか、だと思います。

この人生きっての難問に、何通りもの答えを提示してくれた
素敵な作品と、超カッコイイキャラクターたちに、
切ない気持ちをたくさん味わいながらも、「プレイしてよかった・・・!」と
心から思わせてくれた、そんな作品でした♪



白華の檻 ~緋色の欠片4~ (通常版)
白華の檻 ~緋色の欠片4~ (通常版)


web拍手 by FC2

\ブログ村ランキング参加中です♪/
ポチっと応援ありがとうございます♪


にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

【 2013/09/17 (Tue) 】  乙女(アドベンチャー)  | CM(3)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【 2013/09/17 】 [ 編集 ]
メリッサ♡
拍手コメントありがとうv
拍手数のゾロ目までとは、これはいよいよ
きっとメリッサいい事あるわ!(といいな)

アドバイスにもならないアドバイスですまんです。。
楽しんでくださいまし♪
【 2013/09/18 】 [ 編集 ]
ちなつさんへ♪
ちなつさん、はじめまして!
コメントをくださり、どうもありがとうございます(*´ω`*)

ご質問の件ですが、特に募集は…してない、かな?

といっても、ネガティブな考えではなくてですね、
自分自身、週末に予定を詰め込んでしまう派なので
すでに来月半ばまでの予定が詰まってしまっており…笑

ただ、ふらっと行ける機会があればぜひまた行きたいですし、
現地で新たな乙女ゲームお友達ができたり、ゲームお話できたら
とってもうれしいな~と常々思っておりますですv

ちなつさんはよくオトカフェにはいらっしゃるのでしょうか?
もしくは・・・これからチャレンジしてみようかな!?という感じでしょうか♪*^^*

最近しらつゆメニューも始まりましたし、また休日は
席がすぐ埋まってしまったりするのかどうか、少々心配ながらも
ちなつさんが楽しいオトメイトカフェでのひと時を過ごせればと思います♡

お互いに楽しいオトメイトカフェライフを送りましょうね♪
って、まだ1回しか行ったことないんですけど、ね(笑)
【 2013/09/18 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール



Author:ゆずな
*Twitter* @yuzuna910games
*Game Meter* Yuzuna
アイコンはnono様より借用。

カテゴリーリスト

openclose

コメント
<>+-
つぶやき(´ω`)。o0


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。