ネタバレしないぉ!(`・ω・)ゲームプレイ日誌。

RPGとADV・推理モノが大好物の女子ゲーマーです。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

『覚悟ォォ!!』 「---遅いッ!!」ズシャッ!! 『ぐッ…!?』 に憧れる 《白華の檻》

力が、欲しいか―――





―――欲しい欲しい!!(≧▽≦)ノ

どうも。万年厨二病、ゆずなです。


タイトルは妄想ですが、こちらの場面設定としましては、
きっと多くの方がつかんで下さっているのではないかと思うのですが
念のために解説をさせていただきますと


巨悪と、ついに対峙するに至った主人公・・
圧倒的な力でねじ伏せようとする敵に、
主人公、絶体絶命!?

・・・かと思いきや、主人公チート発動、
攻撃は全て読めていたーーーーー!!!www
主人公が猛攻をヒラリとかわし、返す刀で
宿敵に、会心の一打を放つ―!!!



こんな感じですかねwwww

やばいwwこんな主人公かっこいいwww


・・・と、これは、今までそれこそ
山のように触れてきたような物語たち、
アン○ンマンとか●●戦隊とか、
今の世代ではプリ○○アとか、かな?

そういった作品達から学んできたような
巨悪を倒し、平和と幸せを手に入れる物語というのは
ムズがゆくもあり、気分がスカッとするものでもあります。


一方で、
「その一撃で倒せるなら、わざわざ満身創痍にならずに
 はじめからそれやればいいじゃない・・」

身もフタもない、辛らつなツッコミを心中で浴びせそうになり
あわてて踏みとどまったりもします。


程度の差こそあれど、
みなさまきっとそんな記憶、甘酸っぱい想いを
お持ちなのではないでしょうか・・・///▽///


ただ闘うだけですと、それは醜いばかりの
人間の傲慢をさらす「倒しあい」になってしまうのですが

窮地に追い込まれたり
突然幼い日の記憶が蘇ってきたり
大好きな人が手にかけられて、絶望したり

そんな胸アツな場面を見せられれば
自然と、こちら側の「正義」も定まるもので
手に汗握って応援して、勝利を得ると
自分のことのように拳をふるわせてしまうわけです。


私としては、
あれだけ周囲から恐れられて
これまでも強敵扱いだったヤツの猛攻撃を

まるでサーファーかスノーボーダーのごとく
華麗に避けきって、そこから決死の一撃を決めちゃう
そんな強すぎるチート主人公は、大好きです。


武勇にすぐれた主人公には、
精神攻撃が有効と相場が決まっておりますゆえ
宿敵もますます執拗で、同情の余地も与えないような
嫌がらせ口撃を仕掛けてくる
わけですね!


主人公もその巧みなコトノハに踊らされて
やっぱり窮地に追い込まれるのですが
大抵は愛の力で切り抜けてくれます。


私、そんな闘う主人公、大好きです!!www



それにしても、冒頭に戻りますが
格が違いすぎる相手というか、それこそ

「おまえの刀にはハエが止まっているようだ」 とか

「そんなものは効かぬ・・・!!」 とか

言ってみたいですwwwww



大地を割った刀筋を受け流したり

漢字しかないこむずかしい呪文唱えて
超人的な力を手に入れたり

やってみたいですwwww



で、結局私は、ホントウは何が言いたかったのかといいますと、
乙女ゲームながらに厨二病を呼び覚ましてくれた
『白華の檻』、すっごく楽しいです・・・!!!!!!!
(やっと本題)



時は平安時代。

檻というキーワードがタイトルに使われているだけあって
罪や宿命、といった、心象的にはマイナス・消極的な
題材を扱っていますので、作品の雰囲気は
しっとり、やや暗、やや重、といった感じ。


自然の力を司るカミの存在と、
脅威の剣技をもつ戦える巫女、主人公。


5人の攻略キャラクターたち、それぞれとの物語は
毎回がオドロキの連続です。

パラレルストーリーとでもいうのでしょうか・・・

ひとつとして同じ展開がなく、
「えっ!?こちらではそう来たか!?」と
趣向をこらされたシナリオ運びに感嘆の一言です。

攻略キャラもそれぞれがすごくかっこよくて、
スチルが美しくて
さらには曲がたまらなく美しいものばかり
で!!


恋愛アドベンチャーとしての総合的なレベルの高さは、
相当高い作品ではないかと思ってます。


でも、私がやっぱり一番興奮かつ楽しんでしまってるのは
戦闘シーンかもしれませんwww


たぶん、冒頭の妄想シーンに共感いただけた方、
あるいは、自分が主人公になった気分で
圧倒的な強さに酔える方なら、
至福の時間が待っているかもw


私は、白華の檻をプレイしながら、
脳内に湧き出る厨二ワード(戦闘編)に
ニヤニヤしている今日この頃です。

web拍手 by FC2

\ブログ村ランキング参加中です♪/
ポチっと応援ありがとうございます♪


にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

- 関連記事 -
【 2013/09/12 (Thu) 】  白華の檻~緋色の欠片4~  | CM(8)
私も、そーゆーのに憧れるw
こんちわー。
なんか、ゆずなんにコメントすると初心に戻るわ~(´∀`)
私達、毎日のようにコメしてたもんね~(〃ω〃)
そんな愛のメモリアルが蘇るね。
もちろん、その愛は継続中だよぉ~(๑≧౪≦)

あぁ、愛の告白をしに来たんじゃなかった・・・。

白華の檻、ゆずなんがプレイしはじめてから気になって仕方がないのよ。
攻略キャラはカッコイイよね~。
緋色の欠片がね、いまいち合わなかったから、これは避けてたんだけど、やってみん事にはわからないものね!
だから、いつか買うよ。
ゆずなんの乙女ゲーム熱を分けてもらいたいわ。

中二病といえば、twitterでの「なんちゃって中二病」だっけ?あれ大好きよww
また呟いてほしいな~。

この邪眼が・・・とか、右手が疼く・・・とか楽しいよね(笑)

ほいならば~またねー。
【 2013/09/12 】 [ 編集 ]
あるぇ?
ゆずなん、へろう。
最初読んだときあれ?これなんの感想だよwwって
しばらくわからなかったよおww

白華で一番ショッキングだったのが
ふ~2週目から既読スキップでらくしょ~って思ってたら
行き先が違ってまた1周目かよwwみたいな展開だったことかな!?

とりあえず幻灯火様が好き過ぎて早くFDやらないとなんだけど
まだ恋戦記プレイ中ナリ!

そうそう・・今日アニくじ引いたんだけど。。
ゆずなん欲しがってたキーホルダー出なかったん。。
ごめんね(´`)
【 2013/09/12 】 [ 編集 ]
エムたん♪
エムたん、こんばんは♡
最近ほんとうによく頑張ってるねぇ・・・!(;ω;)
えらいぞエムたん!!

なかなか前向きにやろうにも、辛くなりがちなことを
エムたんはホントウに一生懸命やってあげてて本当にえらいなぁとおもうぉ!

そんなエムたんに私のほうこそ愛を贈るぜ・・!!


そうだね、昨年の夏なんかは、交換日記ばりに
コメントの応酬したねww
それこそ、数時間単位でお互いの記事かコメントを見ていたような(///ω///)

うちらの青春がそこにあったのさ・・!(今も継続中だよね!ww)


あっ、エムたん緋色をプレイしたことがあったのね!
私、緋色シリーズは初めてだったんだ~(´ω`)♪

白華の檻でこんな楽しみ方してるの、私くらいかもしれないんだけど
私くらいの厨二病をこじらせた人になると
ふんわりと描写されているのであろう厨二ワード、厨二シーンを
敏感に感じ取れちゃうんだよねwww

そういえばtwitterでなんちゃって厨二病やってたね!
あれ、久々にやってみるか・・・
白華で学んだことも活かしてナチュラルな厨二に進化したいぜww


ではでは、コメントありがとう♡(*´ω`*)ノ
【 2013/09/12 】 [ 編集 ]
あみーご(*´ω`)ノ
なんとなくあみーごって呼んでみました!(´ω`*)

あみたまこんばんはー♡
・・・ですよね、今書いたものを読み返してみたら
8割が厨二病こじらせ自慢になってた・・・((((・ω・;)))))
いや、自慢にもならないけどww

白華をプレイして厨二を見つける私の方が
圧倒的な少数派なんですよね、やっぱり・・・!

おかしいなー、白華の戦闘シーンには
たしかに厨二ゴコロをくすぐる何かが
あると思っているのですががが (*ノノ


うんうん!
ストーリーの大枠が1つじゃないっていうのも
この作品の特徴ですよねΣ(・∀・)

個人的には、まったく違う話の切り口が楽しめたので
とっても嬉しかったですv

このお話、既読で飛ばす箇所が少なくて
そこまで細かくルートを作りこんでたのかーと驚きました!


ところでわたくし、最初に蛇さんのバッドエンドを迎えて、
そしたら全くそのルートに関係ない某2人が
華麗に登場★したもんだから・・・
ある種一番のショッキングはそこだったかもしれません(´`)w


アニくじのコト、わざわざご配慮いただいてありがとう・・・!(つw;)
【 2013/09/12 】 [ 編集 ]
くっ!貴様のごときに、この私がぁぁあぁl!
・・・・暑苦しく登場してみました(笑)
あぁ、私も大好きだわ、このノリ☆
正義は勝つ!だけど、このもがいて勝つ!感!!
なんか自分の中の血がたぎります(笑)
結構、感極まりやすい性格なので、熱くなりやすいのよね~

白華の檻、主人公が潔よくかっこいい!
緋色シリーズの中では、私も一番好きです☆
私はあと一人まだ攻略が進んでいませんが、どのキャラも
魅力的ですよね☆どちらかというとシリアス路線だけど
絵柄とかも美しくて・・・・(TдT)
ゆずなさんが熱くなられているのに反応してしまった(笑)
あは、大好きです、こういうの(●´ω`●)ゞエヘヘ

【 2013/09/13 】 [ 編集 ]
yonakaさん☆
yonakaさん、こんにちは♪

うん・・・!!きっとyonakaさんなら、
のってくれると思ってました(笑)

ホントホント!
主人公、かっこいいですよね♪
きっと日常生活では竹を割ったような性格なんだろうな~と
想像しては、主人公を羨望のまなざしで見つめています(´`)

って、yonakaさん一人残されてたんですかー!?
一体、どのキャラを残してはるんやー!?Σ(・ω・)

yonakaさんの過去記事で、
緋色シリーズのラインナップを拝見して
過去作のAmazon価格も一見できたのでとっても助かりましたv

クリアレビューを書く際にでも、
ぜひ該当記事、ご紹介させていただきたいですっ!


ではでは、コメントありがとうございました♡
【 2013/09/13 】 [ 編集 ]
クリアおめでとうございます~
・・・て、ここに書くんじゃない!(笑)
すみません~、お返事も書きたくてここにコメントします~

え~私が残しているのは、「秋篠」でしたかね?
正確には、残しているというよりはプレイ途中に
姉に「早く貸せ」と奪われたともいいます(。・Д・)ゞ
結構、全体的に物語自体も長めだったので、ゆっくり
落ち着いてプレイしていたらば、姉にせがまれたので
一先ず、ここで貸します!という形で奉公に出ました(笑)
以来、十三支演技ともども、未攻略者を残して姉のところで
がんばって奉公しておりますv(。・ω・。)
私も色々借りているので、気長に待っております☆

緋色過去記事も、お役に立てたようで良かったです♪
・・・・どんな記事書いてたかな~?
確か、シリーズの紹介なんか書いてましたか?
後は、白華の檻、購入しました☆ということを書いた記憶が
・・・過去作も気になるということですので
もし、お役に立てば、どんどこお使いください♪
オトメイトコレクションも出て、お安くなっていますので
これを機会に緋色シリーズ楽しんで下さい☆

ちょっとシリーズ的には、1作目なんかはシナリオなど
文章の書きまわしに、苦手さがあるyonakaさんですが
当時、テキストスタイルの乙女ゲームは珍しかったです。
なので、そのあたりの違和感があったのかもしれませんね。
おそらく、「緋色1」が今の乙女スタイルの発祥ではないかと・・個人的には思っとります(*`・ω・)ゞ

また、レビューも楽しみにしています☆
該当記事もどうぞ、お役に立てて下され~ヾ(o´∀`o)ノワァーィ

【 2013/09/17 】 [ 編集 ]
yonakaさん☆
コメントありがとうございます♪

お姉さんと共通の趣味って、イイですね~♡

私も妹と、服やらゲームやらの貸し借りをしてみたかったのですが
趣味が合わず、あまりそういったことにならないまま
お互いに家を出てしまいました(笑)

ご紹介の承認もいただいて、ありがとうございます♪

緋色シリーズの1~4まで、どれを買えばいいのかを
リンク付きでまとめていらした記事がとっても分かりやすくて、
ぜひリンクさせていただければ幸いですv


なんといっても約8年前の作品となると、
おそらく文体や、流行の雰囲気などもまったく違うのでしょうから
それが私にフィットするかどうかは分からないのですが。。

せっかく愛らしく素敵なキャラクター達に出会えたので、
その子孫達がどう成長したのかを確かめたい気持ちがありますw


そうそう!かなり廉価になっていますものね、
機をみてGETしようと思います♪
【 2013/09/17 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール



Author:ゆずな
*Twitter* @yuzuna910games
*Game Meter* Yuzuna
アイコンはnono様より借用。

カテゴリーリスト

openclose

コメント
<>+-
つぶやき(´ω`)。o0