ネタバレしないぉ!(`・ω・)ゲームプレイ日誌。

RPGとADV・推理モノが大好物の女子ゲーマーです。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手 by FC2

\ブログ村ランキング参加中です♪/
ポチっと応援ありがとうございます♪


にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

【 --/--/-- (--) 】  スポンサー広告  | CM(-)

【妄想】宮○杜 雅さまを迎えてBlogについてお話するよ!

みなさま、こんばんは♪ゆずなです。

私が"乙女ゲーム"というジャンルにハマって以来
さまざまな攻略キャラクターに出会ってきましたが、
「ツンデレ」というジャンルにおいて一目置いているキャラクターがいます。

それは、
宮ノ杜 雅さまです。(「華ヤカ哉、我ガ一族」より)

彼はただツンデレなわけではなく、洞察力にも大変優れており、
頭脳よし、器量よし、ツンデレよしという
三拍子揃ったスーパーツンデレニストだと思っています。


そんな雅さまを、本日は当ブログに擬似召還しようと思っています。wwww
(残念ながら絵はありません・・セリフのみ。)


ことの始まりは、先日私のブログに、
一見するとおだやかでないコメントを頂戴いたしましたことに始まります。

オトナゲナイ私としては、「むっ!ブログマナーなっとらん!」などと憤ってしまったのですけれども
よくよく、優し~~~ぃプラス思考を含めた目で読み返してみれば、
もしかして究極のツンデレコメントと取れなくもないかもと思いなおしまして、
最高最強のスーパーツンデレニスト、雅様のお力をお借りしてツンデレコメントの昇華をしつつ
さらに、このネタをダシに、私のブログの今後の展望なども語ってしまおうと!!!


そんな無謀かつ挑戦的な記事となっております。


「華ヤカ哉、我ガ一族」という作品そのもの、およびキャラクターをリスペクトするが故の
擬似召還となりますが、もちろん本作品とは一切関係ございません。
また、「私の雅さまを汚すんじゃないわよ!」とご気分を損ねる可能性を
感じ取られました方は、全力回避していただくと有り難く存じます。



構わないよ、という方は、どうぞ続きからお楽しみください!
なお、本記事では、元ゲームの内容等には一切触れておりません。

あくまでも雅様の口調や性格、一部設定、
そしてすがすがしいツンデレ具合のみを踏襲させていただいた
完全なる妄想でお送りいたしますww




さて、では始まりますよ!
読みづらい箇所も多々あるかと思いますが、よろしければどうぞ・・・




使用人のみなさま、はじめまして。
宮ノ杜家の使用人をしております、おゆずなと申します。

平日は屋敷の掃除、洗濯に炊事・・・と、朝から晩まで仕事に追われていますが、
夜間と休日には、私の大の趣味であるゲームと、そして
ゲームブログの更新をすることが私のもっぱらの楽しみです!

さて・・・本日も、つい最近クリアしたばかりの二世FDのコトでも
書き込もうかしら♪・・・と、ブログの管理画面を開いたときのことです。

そう、
衝撃的なコメントが、私の目の前に広がったのです・・!!!

実はそのコメントのことで、、


本日は、洞察と考察を行うべく、考察のスペシャルゲストをお迎えしました~!
さぁ、雅様、どうぞー!!(バンッ


『・・・ちょっと!!!一体なんなわけ!?急に部屋に入ってきたと思ったら
こんなトコまで連れ出してさ!そんなことの為に部屋の鍵を渡したんじゃないんだけど!』



まあまあ、雅様♪そんなかた~いこと仰らずに!
あまり騒がれると、使用人頭の千富さん(おゆずなの上司。キビシイ。)
しかられてしまいますので、どうぞお静かに・・!


『ハァ・・・で、一体僕にみてほしい文章って言うのはどれなの?
こんな汚くてくさい空間に長く居るなんて耐えられないんだから!もう、早くしてよね!』



えぇ、実はこれなんです・・・(以下、内容は一部改変しております)

===============================
【件名】どーも
===============================

未プレイの方でも安心して読めるブログ目指すとか
新作やってネタバレなしのレビュー書くならまだしも

旧作ばっかりやってるのに今更ネタバレしないぉ!とか無意味すぎる

新作やれよww
密林レビュー読むってのww
文章ヘタクソすぎて参考にならねーしww

===============================




わぁーぉ!ずいぶん攻撃的な表現に見えますが・・
いかがでしょう、雅様!?


『いや、的をえてるんじゃない?』


えぇ!?どうしてですか雅様!?

『だってさぁ、こいつ通りがかりにしては、
このブログが"旧作ばっかり紹介してる"ブログ
だってコトもズバリ把握してるみたいだし。少なくとも、ブログのカテゴリーには
ざっと目を通してることになるじゃん』


・・・さ、さすがの洞察力です!雅様!


『だいたいさ、ボクも思ってたんだよね。
そもそも今度発売されるポウラスタどころかキネマモザイクすら
プレイしないで積んでずいぶんたつ
じゃん!
旧作ばかりやってネタバレしないってそれ何の意味があるわけ?
さっさとキネマモザイクやれば!?


うっ!


『ポウラスタも折角予約してるみたいだけど、
届いて早々棚に積んだりしたらどうなるか
わ か っ て る よ ね !?

ゴミ虫はゴミ虫らしく、他のゲームにうつつを抜かしてないで、
宮ノ杜家のゲームでもやってればいいんだよ!』



お・・・おっしゃるとおりです・・!!(平伏

というか、、、雅様、私がポウラスタを予約してること、なぜ知って・・・!?


『ぐっ! そんなことどうだっていいでしょ!!??
口答えなんて許さないよ!ボクの追求にさっさと答えてよね!
ネタバレしないっていうくらいだから新鮮な情報出せばいいじゃん!
せめてキネマモザイクの感想とかさ!



・・雅様、華ヤカのナンバリングタイトルを積んでいることが
たいそうご不満だということはよくわかりました・・・w

しかし、僭越ながら私、旧作だからこそ紹介する甲斐だってあると
そう思うんです!



『・・・ふぅん?』



これから世に生まれ行く新作たちは、
広告や特集が組まれ、多くの乙女のみなさまに注目されています。
私があわてて取り上げたところで、情報通の乙女のみなさまにとっては
「どこかで見た情報」になってしまうんじゃないかな、って・・・

でもその一方で、発売されて日が経っている旧作たちにも、
まだ注目されていなかったり、隠れた名作だったり、
話題としては落ち着いたけれど、これからも沢山の人にプレイしてほしい
おすすめ作品だって、たくさんあるんです!

私は、そんな「まだ注目してなかった」作品に
出会えるきっかけになるようなブログにしたいんです!

そりゃ、密林レビューのほうがよっぽどいろんな意見がそろってるし、
それこそ旧作にはたくさんのレビューがついて、私も参考にしてますけど・・・

密林のレビューは、そもそもその作品に興味をもって、
読みに行かなければ知りえないですよね・・・?

ブログなら、「ゆずなが面白がってるこの作品、何?」って・・
今まで興味なかった作品を知るきっかけに、なれるんじゃないでしょうか!?


だから、だから私は・・・!!



『まぁ、ゴミ虫にしては、そこそこ考えてるんじゃないの』



あ、光栄です(ぜぇぜぇ ・・・



『まぁ、どーせ、攻略情報がある程度出揃ってからでないと、
プレイして周回地獄にはまるのがコワイ
ってオチなんだろうけどね』




ぐさっ。(図星

・・・ま、まぁ、そうですね・・攻略情報をアップしてくださる乙女のみなさまに甘えて、
その分多くの乙女ゲームに触れ、紹介していきたい
という思いはあります・・・です・・


『それにしてもさ。これ、どうせ「荒らし」なんだろうけど、結構律儀だよね』


ど、どういうことですか?



『だってさ。このブログを懇意にしてくれてるお友達のみなさんだって、
「ネタバレしないぉ」って、正しく認識してない人多いと思うけど?
「ネタバレしない」とか、「ネタバレしない」とかさ。』



た・・・確かに・・!?
懇切丁寧に「ぉ」まできちんと表現してるなんて
どこかでブログタイトルコピペするほど律儀ってことですね・・・



『それに加えて、さっきの一文。
お前が新作をロクにプレイしてないってことまで知ってるってさ。
こいつ・・・隠れファンなんじゃないの




っぶwwwww
雅様、私その発想はありませんでしたwwww


『ま、そうだとしたって、文章ヘタクソだってこき下ろしてる割には
お前とどっこいどっこいのレベルだと思うけどね。この差出人も。

・・・はぁ。久しぶりに液晶画面なんて見たから肩こった。
ゆずな。肩もんで』




は・・・はい。

雅様。 ほんとうに、ありがとうございます。



『・・・・・・・・・・・、別にいいけど。』







・・・ぜぇぜぇぜぇ・・
ここらで限界がきたようだ。ww

お目汚し、大変失礼致しました。お付き合いいただきありがとうございますw


雅様に登場していただいたら、
ツンデレ的な思考に加えて考察までしてもらっちゃいまして
新たなコメントの見方に気付かされました。

変に燃料を投下してもいけないしと思いつつも、
「まぁ図星ですw」っていうところもあれば、
「いやぁ、それにはワケがあるんですよ」って、反論したい部分もあって。

特に、「旧作ばっかり」っていうところに関しては
自分なりに、考えもあってのことでしたので、どうしてもそこは
すっきりさせておきたいなと考えて、こういう形にさせていただきました。


今後も、このスタンスは変えずに行きたいと思っています。

もちろん新作をいち早くプレイできればそれに越したことはないけれど、
あまりにもたくさんの作品達が生まれているなか、
最新を追い続けていくのは本当に大変。。

日中は仕事に出てしまっていますので、時間の確保も問題です。


そんな状況もあって、
最新作をプレイされて、いち早く感想や攻略情報をあげてくださる方々には
尊敬と、そして感謝の思いでいっぱいであります!


私は、私なりの方法で、ながくブログを楽しんでいくためにも、
今までどおり、このスタイルでやっていこうと思っておりますので
どうぞこれからも、よろしくお願いいたします☆



なお、今後はいわゆる「誹謗中傷」と受け取れるような発言等は
予告無く削除・勧告等させていただきますが、
反対意見やディベート、アドバイスなどはいつでも大歓迎ですので
どうぞよろしくお願いいたします♡


「前にちょっとキツめのコメント残しちゃったかもだしな~」とか
全然気になさらず、お気軽に話しかけてくださいね!

同じ趣味を持つ以上、「同志」だと思っておりますので。

最低限のブログマナーだけ、お互いに留意しさえすれば
とっても素敵な関係をつくれるんじゃないかなと思っています♡



web拍手 by FC2

\ブログ村ランキング参加中です♪/
ポチっと応援ありがとうございます♪


にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

【 2013/06/28 (Fri) 】  つぶやき  | CM(4)
No title
ゆずなさん、はじめまして。tomokaと申します。
一連の「ストーリー紹介に関する記事」を読ませていただいた上でコメントさせていただきます。

私がこちらのブログへ訪問したのは上記の記事がきっかけでした。
とても真摯にブログ運営に取り組んでらっしゃること、
そして読み手だけでなく製作者側のことまで配慮なさっていて
そこまで意識が及ばなかった私からすれば
様々なことを考えるとても良いきっかけとなりました。

あの一連の記事から受けた印象は、ブログや乙女ゲーを通じて、たくさんの方々が、
楽しい気持ちになってくれたらいいな、そういう輪が拡がっていけばいいなという、
想いが込められていたように感じました。

ですが、今回、当該記事に寄せられたコメントを許可なく記事内で取り上げるという行為は、
ブロガーとしてのマナーに反するのではないかと思うのです。
一言で言えば「やりすぎ」ではないかと。
確かに掲載されているコメントは2chの落書きレベルではありますが、
よくよくその内容を読み込んでゆけば、ゆずなさんもご指摘されているとおり、
普段からブログを読んでらっしゃる一読者であり、
また、ゆずなさんのブログのファンであるかもしれないと推察することもできます。

私個人の考えとしては、たとえ意にそぐわないコメントであったとしても、
記事内で槍玉に挙げるのではなく、コメント欄での反論に留めるべきだと考えます。
礼儀をわきまえない輩には厳しい仕打ちを、という気持ちも人間ですし、もちろん理解できます。
ですが、負の感情をいたずらに増長させる行為は、
あなたがブログを通じて願っていることとは全く逆のことではないでしょうか。
相手に触発されて、やられたらやり返す、いわば見せしめともいえる行為を、
あれほどブログやブロガーとしての在り方を真摯に考えてらっしゃる方がされたのだと思うと、
とても同一人物のする行為とは思えませんし、本当に残念でなりません。

私がこの記事を読んで感じたことは、もしかしたら、あなたが管理画面を開いて、
その方のコメントを目にしたときの感情とさほど変わらないものかもしれません。

誤解のないよう付け加えますと、このコメントはその方の擁護をしているわけではありません。
ただ、人としてどうなのだろうと。
件の記事が他者への思いやりに溢れているものだっただけに、
疑問に感じたと同時にショックを受けてしまったのかもしれません。

不躾ながら記事を読んだ率直な気持ちを述べさせていただきました。
【 2013/06/30 】 [ 編集 ]
tomoka様
tomokaさま、はじめまして。ゆずなと申します。
このたびは、コメントをありがとうございました!

一連の記事をきっかけにお越しくださったとのことで、
後味が悪いお気持ちになられましたね。本当にごめんなさい。

tomokaさまのおっしゃることは、もっともなご意見です。
この記事は「気に入らないコメントをさらす行為」に見えてしまう可能性をはらんでいます。
今回の記事の書き方は、私も、よくよく考慮した上で踏み切りましたが
tomokaさんが感じられた不快感に対しては
申し訳のしようもありません。本当にごめんなさい。


ひとつ、こちらの意図をお話させていただくとするならば。

今回の記事、発端となったコメントの書き手に向けてのメッセージを
多分に含んでいるものになります。

今回の記事内で記載させていただいたコメントは、実際のものから、
より悪意を感じる表現は削除し、一部改変させていただいております。
私が、オリジナルの文章に対して、文章を削ったり、見せ方を変えたりしています。

本来の文章に対して、私はとても、好意的に解釈する見方はできません。
それをそのまま掲載することは、誰にとっても
決して気持ちのいいものではないと考え、改変させていただきました。

おそらく、ネタバレ云々の主張が、
「面白くなかった(ムカついた、という表現の方が近しいでしょうか)」のでしょう、
実際にいただいたコメントは、悪意と嘲笑が含まれた(ように感じた)文面でした。

本来でしたら、まともにとりあうべきではないのでしょう。
コメントを受けた側は、炎上を防ぐためにも、削除したり、胸に溜めこむ場合が
セオリーとされていますね。
私も、多くのお友達から「削除して忘れなよ」と仰っていただきました。

ですが・・・心ないコメントに、
傷ついているブロガーの方も多くいらっしゃる現状。

自分もこうして、ただのみ込むことが最善なのか、と悩みました。

ただの誹謗中傷、のみであったなら、そうしていたと思います。

ですが、実際のコメントの文末に書かれていた
「全ブロガーを敵に回したよね乙」というコメントを見た時に、
「私、怒ってるんだからね」という意思を感じたような気がして、
ただ何もなかったことにできないでいました。

もしかしたら、この記事を、コメントくれた方が見た時に
「ゆずなって奴…全然こたえてないどころか、笑い話にしてる、面白くない」と感じ、
「自分が相手に何かを伝えたいとき。ただ相手を見下すんじゃなくて、
真摯に伝える方法もあるんだ」ってことに、気づいてくれるかもしれない。
(そもそも、例の騒動をきっかけにさらっと読んだだけで、もう来てくれていないのかもしれませんが)

結局、私は、今回の騒動の発端となったコメントをくれた人のことを、
無視することができないんです。
もっと別の関わり方をしてみれば?と、こちらから歩み寄っているつもりです。

これは、おそらく、今回の記事のみ読んでくださっている方からすると
挑戦的で、煽っているように見えてしまうかもしれないのですが…
当人には、このメッセージが伝わるといいなと信じています。

【 2013/06/30 】 [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【 2013/07/03 】 [ 編集 ]
tomoka様♪
tomokaさま、こんにちは!

ご丁寧であたたかいご返事をいただいて、本当にありがとうございました。
とっても心がポカポカあたたかくなりました。


今回、tomokaさんがこの記事にコメントを下さったこと、
本当にほんとうにありがたい気持ちでいっぱいなのです!

「不快感」を与えてしまう可能性を示唆してくださったことはもちろん、
コメント欄を通して、メッセージを記す機会まで与えていただきました。

さらには、広い心でそんな私の思いまでtomokaさんが包んでくださり、
分かり合えたような気持ち、幸せな気持ちでいっぱいです!


tomokaさまがこっそり教えてくださった、
tomokaさまのご経験と、そしてその一連に関するお考えには
とっても共感いたしました。
今回のコメントを非公開にしてくださったそのご配慮もまた、
「私だったらそうするかな」という感覚ととっても近いものを感じて
「こんなに近しい感覚をお持ちの方に出会えるなんて!」と嬉しくなりました。


そうですね、本当に仰るとおりだと感じました。

コメントに対する考え方、ブロガーの受け止め方、
そして、例の件についてのtomoka様のお考えまでいただけて
大変参考になりました。


私も本当にそう思うのが、反対意見って、
言葉に出さず「グッ」と飲み込んでいる方こそ
多いものだと。
ですので、コトバに出してくれるというのも、
実際とてもありがたいことだと感じます。

「わかってほしい」の思いがあふれているときこそ、
時に辛らつと取れる意見もあるものだと思いますので、
そういったものがあれば、真摯に受け止めて、自分の非は正しつつ
お互いわかりあう努力をしたい。そう感じます。

ただのやっかみとか、僻みとか、面白がってのイタズラ、
はたまた自己顕示欲を満たすための、独りよがりな誹謗中傷は
肯定したくはないですし、非難されるべきこととは思っているのですけれど。。


今回、私の対応としては、
対個人間では毅然とした対応を。そして、
心配してくださった方への、「もう大丈夫だよ!」のサインもこめて、
こちらがドーンと構えている様子、そして、少々の悪意を
跳ね除けてしまうようなポーズを見せることを意識しましたが、
これが正解だったのかどうかは、果たして・・・

また、アレンジを加えてコメントを引用することも、
本来はあまりヨシとされないものですよね。
法的にも、マナー的にも…
(特に今回、プラスな取り上げ方でないだけに)


実は、この構想はもともと、
“雅様にツンデレ満載の手紙をいただく設定”で進めていたという
裏話もありました。
そちらで進めていたら、
もしかしたら変にとがった印象を与えてしまうような
記事にはならなかったかもしれませんね。。

これ以降は、もっと熟慮を重ねて精進しなくては!


一連のコメントをやりとりさせていただいて
本当に本当に嬉しかったです♡
ありがとうございました♡

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします!
【 2013/07/04 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール



Author:ゆずな
*Twitter* @yuzuna910games
*Game Meter* Yuzuna
アイコンはnono様より借用。

カテゴリーリスト

openclose

コメント
<>+-
つぶやき(´ω`)。o0


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。