ネタバレしないぉ!(`・ω・)ゲームプレイ日誌。

RPGとADV・推理モノが大好物の女子ゲーマーです。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手 by FC2

\ブログ村ランキング参加中です♪/
ポチっと応援ありがとうございます♪


にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

【 --/--/-- (--) 】  スポンサー広告  | CM(-)

”新感覚”音楽朗読劇『MARS RED』…素晴らしかったです!



幕間休憩にあわてて買いに走ったパンフレット(劇中に流れた3曲のCD付き♪)
トート付き。かなり重厚なというか、凝ったつくりになってます。



先日の記事でご紹介させていただきました、
スーパーサウンドシアター『MARD RED』
観てまいりました!!!!!!


▼先日の記事はこちら
諏訪部さんの生舞台『MARS RED』を見に行くよー!



諏訪部さんがメインパーソナリティーを務めていらっしゃるモバイルラジオ番組
『超!Mobile A&G presents 諏訪部順一の生放送!』でこの公演のことを聴いた後、
気になってHPを見に行きましたら!

鈴村健一さんや、石田彰さん高橋広樹さん
そして最近私が大注目している実力派女性声優、沢城みゆきさんという
超スペシャルキャストそろい踏み!

さらには、三味線ロックバイオリン??

え、それって一体全体どうなっちゃうの!?
どんな化学反応をおこしちゃうの!?

そんな期待を胸に、舞浜アンフィシアターに行ってまいりました。



チケット料金は全席指定で一律8800円。
公演2週間前にネット予約で確保できたのは最後列のど真ん中…

果たして。このいいお値段するチケットで、どれほどのバリューを感じられたのか。


結論。
ハンパなく興奮と感動をいただきました!!!!!!
正直なところ、多少無理をおしてでも、この公演に興味を持っていたお友達を
連れて行けば良かった!!!

最後列からは、さすがにキャストのみなさんの表情を
ハッキリと伺うことはできませんでしたが、
それはもう。スゴかったんです。


その興奮の一部を、ちょっとだけご紹介させていただきますね♪


舞浜アンフィシアター。
半円状の舞台をぐるりと囲むように観客席が並んでおり、
最後列からは、暗い舞台の中でようやく声を聴きながら
「あそこに立っているのが、鈴村さんかな」とか、なんとなく判別できる程度の距離感。
メインの男性役者のみなさんは、6方にそれぞれ放射状になるように、顔を向けて
スタンバイされていました。
前・後半でキャストの立ち位置を入れ替えるなどの配慮を感じさせる演出…サスガです。

でも、視覚的な楽しみは、これをはるかに凌駕するもので。
後方からも、大変楽しませていただきました。

たとえば、花火!!!
「たーまやー」の花火ではありませんが、
パン!とするどい音をたてて閃光を放つ演出はドキドキしました。
そしてたちこめる煙がミステリアスな情景を常にイメージさせてくれ、
さらには炎!効果的な炎の演出で、人物の心情を表現するような一幕も。

そして、アンフィシアターの客席天井から
突如降下してくる人!!??wwww
これには深~いワケがあるのですが、なんともなんとも、
サプライズと、たまに恐怖感と、そして感動を与えてくれました。
そして、空間にさらに広がりを魅せてくれた効果もあって。
後方からだと、出演者の方って、視界中央の方に集まって見えるんですが、
それでもこのワイヤーアクションのおかげで、私も上を仰ぎ見るような場面が幾度もありました。
空間に広がりが生まれたというのか。劇場全体を包まれた感覚というか。


視覚的にはもちろんのこと、
『"新感覚"音楽朗読劇』と銘打たれるほどのものがあって、
先に紹介した「三味線」と「バイオリン」と「ロック」、さらには「民謡歌手」のコラボがまた。
スゴイんです。最高です。鳥肌立ちます。

時代背景が「大正デモクラシー」という、西洋と日本の文化がちょうど入り乱れて
さらには、世界と日本が大戦をしていた頃ということもあって、やや攻撃的、というか
激しい空気感といいましょうか。

そこに、のるんです。
あの、日ごろ声でどれだけの人に感動を与えたかわからない、
パワーをもった声優さん達の声が。


時には会場が「くすくすっ」と和み、
時には会場中が手に汗を握りました。

そして、衝撃の展開に、思わず胸にせまるものもありました。


それはすべて、音楽と、熱の入った素晴らしい演技と、
空間演出によるものだったと思います。


こういうと語弊があるかもしれませんが、
『正真正銘、本物の舞台』でした。


私は諏訪部さんのファンとして行きましたが、
もうどの方の演技も本当に大好きになりました。

鈴村さん、アルバロっぽい声質の役柄でした。演技、たまらなかったです。
小杉 十郎太さんの人間らしさ、まるで人物像が絵に浮かぶようでした。
俳優の徳山秀典さん。朗読劇は初ということでしたが、周囲の声優のみなさんと肩を並べ
すばらしい演技を披露されていました。
石田さん。ひょうひょうとした演技は本当にお手のものというか、石田ワールドで
会場中を魅了されてました。幕間のウィット溢れるアナウンスも最高でした。
高橋広樹さん。ビラール殿下の方だ~と思ってたら、あんなに重厚なお声が!
50代くらいの指揮官を浮かばせる、誇りと背負うもののある声でした。素晴らしかった!
そして女性キャストのお二人も本当に素敵でした。
美波さんのよく通った透き通るような声は、美しく快活で気の強い女性そのものでしたし、
劇中で何役もこなされた沢城みゆきさん。本当に本当に圧巻でした。
そして諏訪部さん。いわゆる脇役という配役ですが、ものすごく素晴らしい見せ場があり
たまらなくなりました。泣きそうになった。。。


これだけのものを、たった2日間3公演で終わらせてしまうのが
本当にもったいないですが、逆にいえば
この3公演で、すべてを出しきってくださったんだなぁと
感激の思いでいっぱいになりました。



△パンフレットのアップ。表紙がものすごく厚いんですwwページ数は少ないですが、
内容が凝っていて、クスッとしてしまいましたwウィットに富んでるw



ちなみにちなみに。
この公演、DVD化されるらしいですよ!!!
公式サイトで予約販売の告知がされてました。詳しくはこちら

編集されて、どんな風に仕上がるのかドキドキですが、
生で見た体感としては、ものすごく素晴らしかったので、きっとDVDとしても
名作になるんじゃないかな、と。
炎の演出とか、効果的に映像化してくれたらいいなぁ・・!


話の内容は、劇を見ているうちに自然と入り込めるように丁寧に描かれていたので
公式サイトのあらすじが、ちょっとむずかしそうと思った方も
きっと大丈夫だと思います。

もしご興味をお持ちになった方がいらっしゃれば、
ぜひ一緒にMARS REDに染まりましょうww

そして、きっとまたあるであろう次回の新公演、ともに楽しみましょう!ww


一夜明けてなお大興奮が収まらないゆずなでした(。・ω・。)ノ

web拍手 by FC2

\ブログ村ランキング参加中です♪/
ポチっと応援ありがとうございます♪


にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

【 2013/06/23 (Sun) 】  イベントレポート  | CM(2)
わおおお(〃▽〃)
ゆずなさんこんばんみ~
文章でゆずなさんの興奮具合が伝わってきます!
朗読劇私がこの前行ったのはとても小さな会場で
声優さん4人だったけどとっても興奮したので
アンフィでこんな豪華なメンバーの朗読劇は
想像できないくらいすごかったんだろうなぁ~!
はぁ行ってみたかったー。

そうそう美波さんも出てたんですよね!
有閑倶楽部のドラマで漫画の中から悠理が出てきたー!!
と思った印象的な女優さんです!(ネタがふるっ!)

遊佐さんの朗読劇とか行ってみたいなー(〃▽〃)
【 2013/06/24 】 [ 編集 ]
愛美さんへ♪
愛美さん、こんにちは☆
コメントありがとうございます~!
twitterでも、あれこれMARS RED関連の(主に諏訪部さんからの)つぶやきを
投下しまくっておりましたので
フォローしてくださっている愛美さんには、
恐らくイヤでも目に入ってしまったかと思うのですがww

それだけ素晴らしい舞台でした♡

美波さん、お顔は判別できなかったけれど
とってもあでやかな衣装で、映えていましたよ♡
こだわりぬかれた衣装は、DVDでしっかりチェックする所存です!(笑)

遊佐さんの朗読劇・・・(ゴクリ
それはもう、ぜひ行ってみたいですね!(*ノ▽ノ
遊佐さんからの情報発信ってホトンドないから
チケットサイトなどで情報収集するしかないのかしら。。。

【 2013/06/25 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール



Author:ゆずな
*Twitter* @yuzuna910games
*Game Meter* Yuzuna
アイコンはnono様より借用。

カテゴリーリスト

openclose

コメント
<>+-
つぶやき(´ω`)。o0


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。