ネタバレしないぉ!(`・ω・)ゲームプレイ日誌。

RPGとADV・推理モノが大好物の女子ゲーマーです。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

本もいいですねって話

皆様ごきげんよう、yuzunaです。


「君の名は。」
アメリカでの上映が決まりました!

一部地域では、先行上映されていますが
全地域での上映は来年1月を予定しています。

私としては「待望の!」って感じですが、
もう日本の方々からすると
「あーみたみた!すっごい良かったよねー」
っていう感じで、ちょっと熱も落ち着いてきてるんじゃないですか?

くーっ、切ない・・・。


1月まで待てないし、友達と感想を語り合いたい!
でも、違法動画に手を出すわけには・・・・

そんな私が手にしたのが

君の名は。 (角川つばさ文庫)
君の名は。 (角川つばさ文庫)

でした。

正確には、KINDLE版を購入したので
自分のiPhoneに電子書籍をダウンロードしたわけです。


なお、KINDLEで書籍を読むのは、
聖おにいさんの最新刊に次ぐ、2冊目です。w


KINDLEって、持ってる端末に合わせて
1ページにおさまる文字のレイアウトを調整してくれるんですね。

同じ小説でも、上に紹介した角川つばさ文庫(挿絵付き)と
角川文庫(挿絵なし)では、レイアウトの感じが少し違って見えました。

サンプルを両方てらしあわせた上で、
角川つばさ文庫Ver.の方が目の滑りがスムーズで
頭の中にすっとイメージが湧いてくる感じだったので、そちらを購入しました。

このあたりは、端末とか、個人の好みに拠るかと思います。


で、いざ読みだしたらもう止まらず・・・。

3時間もかからずに読了して、
そのままマンションの屋上へ。衝動のままに夕陽を撮影して、
「感動して何を言えばいいかわからない」旨を添えてFacebookに投稿するという
一連の行動を起こさせてくれました。w


ストーリーに関しては、勢いのままに
友達とLINEで夜を明かす勢いで語り合ったので
ここでは語りませんが、控えめに言って最高でした。

登場人物は残らず好きですが、
やっぱり奥寺センパイには、何かグッとくるものがあります。

それに瀧くん、男前です。
瀧くんを支えてくれる司くんは、さらに私のタイプです。w



きっと映像で描かれれば、どんなにドラマチックだろうという場面も多々あって
ますます、映画への渇望を大きくした一方で。

「本」っていう、自分のペースで読み進められて、
情景を思い浮かべたり、時には立ち返ったりしながら
上質な時間を過ごさせてくれるツールの存在に
ふと改めて思い至ったというか。


いやー、本ってすごいわ。


ゲームブログを始めるまえ・・・なのでざっと5年以上前。
本ばかり買って読んでた時期もありました。

村上春樹さん、百田尚樹さん、東野圭吾さんに湊かなえさん、などなど・・・
小説コーナーで平積みにされていた本は
ハードカバーでも、文庫でも、気になったものは読んでいた記憶があります。

なんといってもその当時は通学・通勤時間が長かったので
1日のうちに1冊読めてしまうくらいの勢いだったんですよね。

本も、ドキドキワクワクしたり、時には落ち込んだりさせてくれる
素敵なともだちだったことを思い出しました。


これからは、もうすこし小説も読もう・・・。


* * *

そういえば、映画は観たけど紙媒体は読んでないってひとは
↓の外伝小説もぜひ!

君の名は。 Another Side:Earthbound<君の名は。 Another Side:Earthbound> (角川スニーカー文庫)
君の名は。 Another Side:Earthbound<君の名は。 Another Side:Earthbound> (角川スニーカー文庫)

四葉のお話と、お父さんのお話はガチ必読です。
世界がさらに音を立てて広がります。

瀧のストーリーは、きっと映画を観た人にとっては
「えっ、そうだったの!?」って思える内容だと思います。
私も実際に映像を見て確かめてみたくなってる。w

Amazonレビューも軒並み高評価です。
「君の名は。」が好き、という人なら損なしだと思う。

web拍手 by FC2

\ブログ村ランキング参加中です♪/
ポチっと応援ありがとうございます♪


にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

【 2016/11/11 (Fri) 】  つぶやき  | CM(3)
No title
友人に勧められて月一で本を読むようにしてます。
図書館に通ったり、貸し借りや買ったりしてます。

原作があって映画にもなった MOZU という作品がお気にいりになってます。
この作品が地上波の9時に放送してたとは思えないほどバイオレンスな作品です。
映画で完結との事なので(地上波、WOWOWで放送 謎を残したまま最終回を迎える)
封切りと同時に見に行きました。年齢制限があった作品でした。

ここ最近寒さがきつくなってきました。
もう少しすればなれるんですけれどね
【 2016/11/11 】 [ 編集 ]
ファンファン様
こんにちは!そしてコメントありがとうございます。
ご返事が遅れて申し訳ございません;;


本の貸し借りをしたり、感想を言い合える友人が身近にいるというのは
とっても素敵なことですね!
私も、Kindleの便利さのおかげで本をまた読むようになりましたが、
語彙力がアップして、言葉に説得力がこもるような気もするので
単に知恵をインプットするだけでないメリットを感じています。

MOZU、気になりますね~。
できれば文庫を手に取って、バイオレンス度が
私にも大丈夫そうかどうか確かめてみたいので、
今度日本の本屋で探してみることにしますね。

もうすっかり雪が積もる季節になりましたが
どうぞお身体ご自愛くださいね!
【 2016/12/13 】 [ 編集 ]
No title
MOZU はテレビ、映画がDVDで発売されていますのでそちらもチェックしてみてください。

映画版では松坂桃李さん ビートたけしさん も出ているのでチェックしてみてください。
【 2016/12/13 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール



Author:ゆずな
*Twitter* @yuzuna910games
*Game Meter* Yuzuna
アイコンはnono様より借用。

カテゴリーリスト

openclose

コメント
<>+-
つぶやき(´ω`)。o0