ネタバレしないぉ!(`・ω・)ゲームプレイ日誌。

RPGとADV・推理モノが大好物の女子ゲーマーです。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手 by FC2

\ブログ村ランキング参加中です♪/
ポチっと応援ありがとうございます♪


にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

【 --/--/-- (--) 】  スポンサー広告  | CM(-)

《クリアレビュー》真・女神転生IV FINAL

真・女神転生IV FINAL


メガテンシリーズ、本作が初プレイです!(初プレイがFINALっていうw)

おそらくこれまでのメガテンシリーズをプレイしておいたほうが、
世界観や様々な語彙への理解が深まるかと思いますが、
未プレイでもまぁなんとか置いて行かれずにすみました(笑)

ペルソナシリーズでは、サブ的な要素だった悪魔召喚まわりは
こちらが大元だけあって、規模も内容もさらに面白くなっています。

なんといっても戦闘中に、仲間にならないかと勧誘したり
はたまた「ファンド」コマンドでお金をせびったり!(笑)
悪魔相手にすることがえげつないww いやいや、生きるためには必要なんです!w

悪魔はなんと400種以上収録されているということで、
ペルソナシリーズでは見たこと無いキャラがいっぱい出てきました・・・!

「女神」「堕天使」などのお馴染みの悪魔種別のほかに
「フード」(文字通り、食物の意味合いで・・・!)なんていう種別もあったりで
ホント、万物が悪魔であり神であるんだなぁメガテンでは・・・と感動した次第です。

主人公レベル95でクリア!がんばりました(●´∪`)



※「続きを読む」をクリックするとレビューが続きます☆

☆良かった点

・悪魔は400種以上!勧誘、合体がおもしろい!

ペルソナシリーズとの大きな違い、優位性はやはりココにありますね!
とにかく悪魔の種類が豊富かつ個性あふれるビジュアルが目を惹きます。

悪魔固有スキルも非常に多く、悪魔合体で新しい悪魔を生み出すことが
本当に楽しいっ!

悪魔を仲間にする方法が、戦闘中に「スカウト」をするというものですが
うまい受け答えをするとすんなり仲間入りしてくれたり、
はたまた、貢ぎ物をさんざんぶんどっておいてスッ・・・といなくなってしまったり(笑)
さすが悪魔!一筋縄ではいかないんですね!w

口調をヒントに、スカウトを成功させるべく試行錯誤することには
結構ハマり込みました・・・それでも全書、80%ちょいしか埋まらなかったw


・実際の東京の街をモデルにしたフィールドが完成度高い!

設定上、ひどくフィールドは荒れているものの
まさに建物や景色が、東京各地そのもの!
荒廃した銀座とか、とてもリアル(?)な感じで見どころですw

特に駅周辺のフィールドなどは、
実際に主人公に合わせたリアルな比率で作られている気がします。
そのリアルさのためか、全体的にマップは広大。
探索しがいがあります!


・キャラの育成がスムーズになる「チャレンジクエスト」

メインクエストの他に、強制性のないチャレンジクエストが
多数用意されています。
これらを達成すると、優秀なアイテムや技能が得られるほか、
非常にオイシイ経験値をがっぽりいただけることがメリット。

そこまで苦労せずに、チャレンジクエストは合間にちゃんとこなしつつ
進めていたおかげで、クリア時の主人公レベルは95になっていました(笑)

特に序盤のクエストは難易度もかなり易しいものばかりですし、
後半になってくると、メインクエストの息抜きになったり、
メインクエストの行先近くにチャレンジクエストの目的地があったりで
合間にかませやすい仕組みです。

また、チャレンジクエストの進行によって
ちょっとしたサブキャラのストーリーを垣間見ることもできたり、
ボスを倒すことで、そのボスを悪魔合体で召喚できるようになったりも!

決してただのお使いという付加要素ではなく、いい塩梅に調整されていると思います。


☆今ひとつ・・・?

・次第にダンジョンマップが複雑に・・・終盤ダンジョンはやや冗長かも

後半までは、ダンジョンも含め、とても楽しくプレイできていたのですが
ラストダンジョンになると、とにかく広すぎて・・・笑

とっても強い装備が隠されていたりするのですが、
そうはいってもストレスに感じてしまうくらい広大だったので
とにかく最後は出口を探すことに必死で、地図を埋めることは考えませんでしたw

そう、この作品、ちゃんとマップ機能がありまして
自分が歩いたところは自動的にマッピングされる便利機能があるんです。

にも拘わらず音を上げてしまったのは、
行先が表示されないワープポイントがたくさんあって、
さらに地図を縮小表示しても全貌が見えないくらい大きなマップのおかげで
紙にメモでもしないと、とてもじゃないけど踏破できない複雑さを感じたためですw

これは、裏をかえせば、単純なマッピングではなく、手応えを感じさせる複雑さとも
言えますので、こういうのがお好みな方は終盤を楽しみにしていただければと。

ちなみに、攻略サイトさんを覗いてみたら、マップが公開されていたのですが(スゴイ!)
私はそのマップの読み込みもあきらめ、感覚でやりきりました(笑)


・2Dキャラポリゴンが粗いのが気になる

会話イベントが発生している時などに、
立ち絵とは別に、その空間にいるキャラクター達の2D全体画が
表示されていることがあるのですが、とにかくこれが粗い・・・?

スーパーファミコンみたいな粗さで、古っぽい印象を持ちまして
ちょっぴり残念でした。
せっかくダンジョンで動いている主人公などは滑らかな疑似3Dポリゴンなので
せめて、パーティーメンバー達の全体画くらいは、もうすこし
かっこよく表示してほしかったかなぁと。キャラデザも素敵なのにもったいない!


☆まとめ

メガテンシリーズの世界観も感じることが出来たし、
悪魔の膨大さ、勧誘&召喚のおもしろさを痛感できた本作。

ちょっとダークな雰囲気も合っていて、荒廃した東京という背景ふくめ
新鮮で面白かったです!

神と悪魔と人間、宗教的な要素もちょっぴり含んだストーリーは
強いメッセージ性を示してくれて、とても深い内容だと感じました。

操作性まわりも快適で、髄まで楽しませてくれる内容となっていますので
メガテンシリーズは未プレイという方もぜひ~!


真・女神転生IV FINAL
真・女神転生IV FINAL


web拍手 by FC2

\ブログ村ランキング参加中です♪/
ポチっと応援ありがとうございます♪


にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

【 2016/09/02 (Fri) 】  一般(RPG)  | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール



Author:ゆずな
*Twitter* @yuzuna910games
*Game Meter* Yuzuna
アイコンはnono様より借用。

カテゴリーリスト

openclose

コメント
<>+-
つぶやき(´ω`)。o0


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。