プロフィール



Author:ゆずな
*Twitter* @yuzuna910games
*Game Meter* Yuzuna
アイコンはnono様より借用。

カテゴリーリスト

openclose

コメント
<>+-

 

《クリアレビュー》ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君

ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君


とても遊びやすいシステム設計と、魅力的なキャラクターたち。
(一部のモンスターやNPCにも声が・・・!)
冒険するフィールドはとても広く、世界の広がりを体感できます。

やりこみ要素も魅力的で、ハマる人は相当ハマるはず。

ドラクエ7までの伝統はそのままに、ジョブシステムを廃止して
新たな成長システムを盛り込むなど、新たな挑戦がされているタイトルです。

ストーリーの描き方が、キャラクターの動きを含めて
とても丁寧につくられているので、ドラクエシリーズ初心者の方でも
慣れ親しみやすいと思います。


※「続きを読む」をクリックするとレビューが続きます☆


☆良かった点

・立体感のあるグラフィック 街中の探索がしやすい

3DSの立体視機能はいらない!立体的なグラフィックがすごいです。
3D機能はOFFにしたままで、広がりや奥行きが感じられる
空間モデリングがされています。3Dの画面には酔っちゃうという方も安心♪

街中で、特にタンスや本棚、壁にかかっている袋をしらべる時には
主人公が袋に手を突っ込んだり、本をパラパラとめくったりしてくれるので
どこをしらべているのか一目瞭然なのも嬉しいポイント。


・キャラクターが生き生きしている!

シナリオで会話している時はもちろん、街中を探索している時や
戦闘中など・・・主人公をはじめとするキャラクターの動きが
とても細かく表現されています。

これは、パーティーメンバーのみにとどまらず、
NPCやモンスターに至るまで、とても丁寧に表現されており
また、ドラクエシリーズとしては珍しく、主人公以外の主要キャラ
(一部のNPCやモンスターも含む)にはボイスが付いているため
キャラクターがイキイキしています!
(収録ボイスがかなり多いので聴きごたえあります)

一部のモンスターは、やたらと人間味が溢れる話しぶりで
ちょっと倒すのに抵抗がありましたが・・・
(人間とマモノのボイスはもうちょっと違いがあった方が違和感はなかったかも?)


・オート戦闘が優秀!

ドラクエでおなじみの「さくせん」を
主人公にも設定することができ、主人公を含めた
全てのパーティーメンバーにオート戦闘をさせることができます。

(1ターン終了ごとに「たたかう」「にげる」等の選択画面が
 毎回表示されるので、プレーヤーの操作はゼロにはなりません)

このオート戦闘がなかなか優秀で、
「バッチリがんばれ」さくせん時の、回復と攻撃のバランスが
とてもよく取れていて、中ボス戦でも大変有効でした。



☆今ひとつ・・・?

・フィールドは立体感がありすぎて探索が難しいw

これは、ある意味、リアリティがあって面白いポイントでもあるのですが
山や谷などのフィールドの凹凸が大きく、
フィールド宝箱を見落としやすく感じます。

自由に世界を探索できるようになってからも、地図上では分かりにくい
探索可能ポイントがあちこちに隠されています。

一度訪れた街やダンジョンは、地図上に表示されるようになりますが
ごく小さな集落などは表示されないままですので、
広い世界をあまさず探索するにはメモか攻略サイトを片手にしないと
少々厳しいものがあるかと思います。

地図は、ダンジョン含め、初めから地形がハッキリわかっていて
私にとっては親切すぎるようにも感じました。
踏破したところがハッキリ表示されるようになるスタイルの方が
どこをチェックしていないか分かりやすくていいと思うんだけどなぁ…。


・転職システムにかわる育成システム

今作では「ダーマの神殿」「転職システム」がなく、
各キャラクターごとに成長の方向性があらかじめ用意されています。

レベルアップすると「スキルポイント」が得られ、
このポイントを振っていくことで
武器系統ごとのステータス補強ができたり、
武器固有の技を覚えたりできます。

ただ、あくまでこの成長スタイルだと
極端な話、ヤンガスは一生ベホマを使えない(笑)。

そして、主人公の「剣」スキルをコツコツ育てていたときに、
強いブーメランをGETしたとしても、
そのブーメランを有効活用するためには
レベルを上げ、スキルポイントを振って
「ブーメラン」スキルを強化するべきか・・・?という葛藤が。

キャラクターをどの方向に特化させるのかを
割と早い段階で決めなければならず、
またその方向転換が容易ではないのが
窮屈には感じましたね。



☆まとめ

ある部分では「意外とアッサリ?」と感じたところもあるし、
「あー、やっぱりね、こっちが本番か・・・!」って感じたところもあり・・(笑)

Lv上げがあまり苦でない人は、
ぜひ裏ダンジョンもクリアして、エンディングをチェックしていただきたいな、と。

本編やっただけではわからないあれこれは、
知らないままでいるのは勿体ない内容になってます。
(なぜ本編に盛り込んでくれなかった・・・っw)

今作に登場した「れんきんがま」機能、
本棚や人伝いでGETできるレシピだけでなく
実に多種の隠れレシピが存在しているようです。

そこで、やっとこクリアした私から一つだけアドバイスを書いておきたい!
「ふしぎなタンバリン」はぜひ錬金すべし!!!!!

ラストボス戦、このアイテムの有無で戦局が変わります・・・!
錬金方法はググってください。(笑)

ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君
ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君



web拍手 by FC2


\ブログ村ランキング参加中です♪/
ポチっと応援ありがとうございます♪


にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

COMMENT

挨拶

初めまして ファンファン と言います。
これからよろしくお願いいたします。

DQ8はPS2で楽しみまして、3DS版はどうしようかな?と思いまだ購入していません。
別エンディングもあるとの事なので買ってみたいですね。

ファンファン様

はじめまして、こちらこそよろしくお願いいたします!

DQ8はTVでプレイされたのですね!
あの3Dグラフィックは、TV画面で見た方が迫力もひとしおでしょうね・・・!
というか、PS2作品だったんでしたね・・時の流れを感じます。2004年か・・!

PS2からのリメイクによって、3DS版かなり快適に遊べました。
操作キャラクターも増え、ストーリーも拡充されたみたいなので
再びのプレイでもまた一味違った作品として楽しめるかもしれませんね。

もし3DS版もプレイされることがあれば、
ぜひ違いや感想などお聞かせいただけたら嬉しいです♪

EDIT COMMENT

非公開コメント

※誹謗中傷およびそれに準ずる内容のコメントは予告なく削除される場合があります。何卒ご了承くださいませ。

Photo
反響記事