プロフィール



Author:ゆずな
*Twitter* @yuzuna910games
*Game Meter* Yuzuna
アイコンはnono様より借用。

カテゴリーリスト

openclose

コメント
<>+-

 

ケイオスリングス 長い旅に出てます(無印クリア)

皆さまごきげんよう、yuzunaです(・ω・)ノ

夏コミ当落の話題で、ツイッターのTL(タイムライン)が賑やかです。
ああ・・・もうすぐ夏がやってくるんですね・・・!

日本にくらべて、四季の移り変わりが乏しい地域にいるので
「もうすぐ夏なんだなぁ」と肌で感じる機会もないまま
あっという間に、一年の半分が過ぎ去ろうとしています・・・ガクブル


そんな中ですが、いよいよですね!
逆転裁判6 発売!!!
いやー待ってました!超待ってた!
待ってたって言いつつ、まだ入手してないですけども!!

逆転裁判は、一作目からずーーーっと追いかけてきたシリーズなので
新作が出たら必ず買います。もう信者のそれに近い感覚。

ただ、今回は、ダウンロード版を入手することにちょっぴり戸惑いがあるので
できれば帰国してパッケージ版を入手するまで見合わせようかな、と・・・

絶対買うことは分かっているし、
なんなら今すぐにでも始めたい気分ではいるので、
逆裁6をプレイしている人のつぶやきを見かけるとそれはもう
ウズウズして今にも飛びかかりそうになります(●´∪`)

あとどれほど、理性を保っていられるのでしょうか・・・笑


☆ ☆ ☆

まあ相変わらず、毎日何かしらのゲームを触っていないと
気が済まない性質なもので、今もVITAを毎日起動しています。

ただいまのタイトルは
『ケイオスリングスIII プリクエル・トリロジー』

ご存じない方に軽く説明しますと、
スクウェア・エニックスが発売した、スマホ&タブレット用のRPGシリーズです。

「Ⅲ」という表記がありますが、最新作のみでなく
「プリクエル・トリロジー」では、シリーズ全作をインストールし、プレイすることができます

そして「Ⅲ」という表記でありつつも、
「ケイオスリングス(無印)」「Ω」「Ⅱ」「Ⅲ」というナンバリングでして
Ⅲといいつつ4作品目まで出ています

・・・超果てしない旅じゃね?



それはさておき、実は昨日、「ケイオスリングス(無印)」は無事クリアしました。

感想としては、

○スマホゲームとしては大変よく出来てる
 戦闘システムが分かりやすく、戦略を間違えるとやられる適度な緊張感もある
 モンスター達のグラフィック、動きもかなり凝ってる
 パートボイスではあるけど、声優陣が豪華で聞き入ってしまう
 やり込み要素も含めて、短いスキマ時間で頻繁に起動してプレイしていくのに
 とても合った内容だと感じました。

○シナリオはあっさりしていて、描写面でちょっと物足りない
 設定はとても練られていますが、スキマ時間でプレイするスマホゲーム由来の
 短時間でサクッと展開させるストーリースタイルで、腰を据えてプレイするには
 ちょっと物足りなく感じます。特に人物同士のやりとりの場面など。
 「感動的な場面」なんだろうな~と客観的には感じるけど、
 エピソードが短くて駆け足気味なので、薄っぺらく感じてしまったかなぁ。

○中断、セーブ、ゲームオーバーからの直前ロードが快適
 ここはさすがスマホゲーム由来。いつでもどこでもセーブOK。
 さらにキーとなる戦闘でゲームオーバーしてしまっても安心の、
 「マップ切り替え時は自動で中断セーブ作成」機能を搭載してます。
 やられたらそのままタイトル画面に戻れば、
 「直前の中断データがありますがロードしますか?」(任意)を選択可能!

○一部のミニゲームでタッチスクリーンの動作に反応しにくくイライラ
 知能を試す、という名目で、そんなにむずかしくないパズルゲームが
 随所に導入されています。
 戦闘の合間の息抜きとして結構楽しめたのですが、
 その中の「燭台パズル」で、スクリーンをタッチして燭台に火をともす動作が
 どーーーーしてもなかなかタッチを感知してくれず、
 ここばかりはホンッッッットにイライラしてしまいましたw
 もう少しなんとかならんかったのか・・・


こんな感じ。
面白くはあったのですが、VITAである程度の時間を確保して進めていくスタイルだと
少し「もったいなさ」も感じる内容ではありました。

で、いま2作目の「ケイオスリングスΩ」をプレイしているところでは、
ストーリーが前作よりも、引き込まれるなと。
まずエピソードが単純にボリュームアップしていて、
冗長にならない程度に、イベントが随所で挿入されます。
このイベントも、なかなか深い内容で
主人公に共感できます。
さらに、前作をプレイしたからこそググッと興味を引かれるような
情報の出し方もされています。

戦闘システムに関しては、いい意味で前作と変わらず。

燭台パズルは残念ながらΩにも登場しました・・・
・・・イライライライラしながらなんとかクリアしましたがww


今のところ、面白さ半分、めんどくささ半分という心境で
半ば意地でプレイしているところもあるのですが
こうして綴ってみると、結構言いたい事いっぱいあるのなwww


web拍手 by FC2


\ブログ村ランキング参加中です♪/
ポチっと応援ありがとうございます♪


にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

※誹謗中傷およびそれに準ずる内容のコメントは予告なく削除される場合があります。何卒ご了承くださいませ。

Photo
反響記事