ネタバレしないぉ!(`・ω・)ゲームプレイ日誌。

RPGとADV・推理モノが大好物の女子ゲーマーです。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

《クリアレビュー》極限脱出 9時間9人9の扉

極限脱出 9時間9人9の扉


うっかり続編「善人シボウデス」からプレイしてしまったけど、
シリーズ第一作目にあたるこの作品をプレイしてから改めて続編を振り返ると、
非常にゾクゾクするほど面白くつくられてると感じる作品です。

シリーズものとはいえ、作品ごとにきちんと独立しており
プレイ後の満足感はしっかり得られます。

基本的にはパズル系を主体とした脱出ゲームパートがメインですが
ストーリーパートでの選択肢により、流れが分岐していく作りです。

パッケージのイラストがいかにも怖そうな雰囲気出てますが
ホラーとかサイケな要素はないのでご安心を。

とはいえ、心臓がとっても弱いよ~!という方は、注意した方がいいかもです。w


※「続きを読む」をクリックするとレビューが続きます☆

☆良かった点

・探索がしやすい、入り組み過ぎていない

DSの利点であるタッチペンでの探索。

やや細かいパーツをクリックする必要もありましたが、
特に操作面での不快感を感じることはありませんでした。
概ね快適!

また、後述しますが、クリアするために、
一度クリアした探索をふたたび繰り返す必要も出てくるのですが、
ひとつひとつの探索自体はそこまでハイボリュームなものではなく
手順や解法をおさえておけば、短時間でこなしていけるかなと思います。

謎解きも、そこまで難しいものは特に見られませんでしたので
PCの脱出ゲーム系は難しくてできない!という方でも大丈夫かと。


・キャラクターが立っていて、興味を引かれる

これがホント不思議なところではあるのですが、
2Dキャラクターで、音声は一切なしなのに、
妙に登場キャラクターたちに惹かれるんですよね。

ミステリアスで、個性的な面々が揃っており
ストーリーを読み進めて彼らのことを知っていく過程も
このゲームを一段と面白くさせています。


☆今ひとつ・・・?

挙げてみると、だいたいが続編「善人シボウデス」で改善されておりまして、
続編を楽しむためにも、ここはひとつちょっとガマンしておこうか・・・って感じですね。w

・メモ機能がない (続編にはついてる!改善スバラシイ!)

・ボイスは一切なし (続編はフルボイス!改善スバラシイ!)

・一度解いた脱出ゲームを飛ばせず、探索をしなければならない (続編ではシーンジャンプ機能あり!スバラシイ!)

・最終的な道筋がはっきりと示されていない
 ・・・ある意味、総当たりしていけばいつかはエンドにたどり着けるし、
  そんなに一周のボリュームがあるわけではないんですが
  根っからのゲーマーでないと、そこまでの根気は出ないかも・・・
 (続編では改善されてます!スバラシイ!)

☆まとめ

このゲームを終えたあと振り返ってみれば、
「善人シボウデス(レビュー記事)」って、パワーアップして磨かれた良作だったなと思います。

もちろんベースになっているストーリーやキャラクター像がしっかり立っているおかげで
シリーズ作として、この作品も「善人シボウデス」も面白いことは言うまでもなく。

この話を知って続編をプレイしていたら、プレイ始めて早々に
「えっ!?これどういうこと!?」って、みるみるのめり込んでいったことは
想像に容易いことですw

うーん、やっぱりシリーズものは、前後をたがえずプレイするに限りますねwww

ということで、「善人シボウデス」が気になる方は、まずこちらから。
がんばってプレイしてみてくださいな。

極限脱出 9時間9人9の扉
極限脱出 9時間9人9の扉


web拍手 by FC2

\ブログ村ランキング参加中です♪/
ポチっと応援ありがとうございます♪


にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

【 2016/05/03 (Tue) 】  一般(アドベンチャー)  | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール



Author:ゆずな
*Twitter* @yuzuna910games
*Game Meter* Yuzuna
アイコンはnono様より借用。

カテゴリーリスト

openclose

コメント
<>+-
つぶやき(´ω`)。o0