ネタバレしないぉ!(`・ω・)ゲームプレイ日誌。

RPGとADV・推理モノが大好物の女子ゲーマーです。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

《クリアレビュー》極限脱出ADV 善人シボウデス

極限脱出ADV 善人シボウデス


科学とミステリーを綿密に張り巡らせた、よくよく練られたシナリオが魅力の
脱出ゲーム&ビジュアルノベルアドベンチャーゲームです。

このゲームの脱出パートのために、
何枚もメモを書きました(笑)

プレイしてから前作「9時間9人9の扉」のことを思い出し、
しかも、ゲーム棚に積んでいていつでもスタートできる状況だったのですが
結局、手を付けないまま
続編であるこちらの作品をコンプするまでやりこんでしまいましたw

ようやく無事にコンプできましたので、
張り切って前作のほうにとりかかろうと思いますw

完全なるネタバレはないものの
いくつかの重要そうな要素はぽろっと本編内のシナリオや
会話、TIPS(注釈)等で明らかにされてしまいます
ので
本シリーズが気になる方は、まず前作である
「9時間9人9の扉」からプレイしてください
ね~!


※「続きを読む」をクリックするとレビューが続きます☆

☆良かった点

・最後の最後まで、謎が謎を呼ぶ展開にページを繰る手が止まらない

いやー、最初の方は、ひたすら自分が何者かすらもわからないまま
疑心暗鬼、ただただ周りに翻弄されているばかりでした。

話を進めていくにつれて、ひとつひとつ明らかになっていく重要なこと・・・
次第にのめり込んでいった結果、プレーヤーの自分すらも
手のひらで踊らされていました・・・w

超文系人間の私からすると、
科学的な根拠や摂理の話になると、耳がパタっと閉じて
うまく内容を理解できないところもありましたが、
それでも何となく、雰囲気で理解できるように表現してくれます。

わかる人からすれば、きっとさらに面白さを感じられる部分なのかも。


・あらゆるタイプのギミック、ヒント機能もあり

脱出パートに関しては、難しすぎず、やさしすぎずという感じでしょうか。

論理系、図形系などいろんなタイプのパズルネタがコンスタントに登場しますが、
パズルはもう、向き不向きがありますのでね~・・・w

どうしても閃かなかったら、難易度を「EASY」に変更することで
ヒントを聞けるようになります。

難易度を変更してしまうと、シークレットTIPSの回収数が減ってしまうので
意地になって、試行錯誤して・・・
そうしているうちにピンッと閃いてようやく解けたときの快感!
・・・病みつきになりますw

ちなみに、たとえ難易度をEASYに変更しても、一度クリアしてから後に
シーンジャンプ機能で、脱出パートに戻ることができますので
シークレットTIPSの回収が出来なくなることはありません。



☆今ひとつ・・・?

・キャラクターの立ち絵やポリゴンは・・・

んー、ちょっと粗いし、あまり魅力的には感じなかったですかね。
表情も、「そこ笑顔は違くない・・・?」というところでなぜか口角上げてたりするし。

ある意味、作品がもつどこか「異」な感じ、ちょっと居心地が悪い感じが
うまくキャラクターにも表現されていたとも言えなくないですが・・

パッケージのイラストみたいなスタイリッシュなキャラクター達だったら、
もっとハマれたかも?


・脱出パート、システムのメモ機能のみでは限界がある

私がプレイしたVITA版では、
VITAの液晶タッチパネルを活用した脱出パートを
幾度となくチャレンジしました。

視点切り替えや、気になる場所をタッチするなどの操作は
違和感なく行うことができたのですが、ひとつ難点を挙げるならメモ機能。

序盤はなんとか、ゲーム内のメモ画面を開き、
指でメモをとって進めることが出来たのですが、
後半になってくると、指でうまく書けなかったり、
メモ画面が小さくて、書きたいように書けなかったり・・というのが
若干ストレスになってきて、結局メモ用紙を使ってました;


・終わり方、そういう感じなんですか・・・!

ネタバレになるので深くは語れませんが、
「えええ・・・!?」って思った、ということだけ伝えておきますw

いい意味でも驚きましたし、今後の展開を期待したいと思ってます。


・ちょいちょい気の抜けるセリフ言うの気になりますw

極限状態にいるであろうキャラクター達なのに
ところどころ、サムいギャグなどを発するところ、ちょっと気になります。w

「ポチっとな」だけは嫌だwww


☆まとめ

「シリーズ」として、今後も何かしらのつながりを持ちつつ
展開を広げていくのではと思わせてくれる作品です。

脱出パートも、最後まで唸らせてくれたシナリオパートも
とても丁寧で、終わらせたあと達成感に浸れるものでした。

結構、男性的な毛色が強い作品で、
特に科学的要素を好む人には、かなりハマれる作品なのではと。

もちろん、そっち方面に疎い私でも、
内容もロジックも、満足度の高い内容でした。

閃きの「アハ体験」も、数多く経験できたし、
なんだか脳年齢が若くなったんじゃないかしらと思ったりしてますw

前作「9時間9人9の扉」、順番が前後してしまいましたが
このあと、プレイしてみようと思います!

極限脱出ADV 善人シボウデス
極限脱出ADV 善人シボウデス


web拍手 by FC2

\ブログ村ランキング参加中です♪/
ポチっと応援ありがとうございます♪


にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

【 2016/05/01 (Sun) 】  一般(アドベンチャー)  | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール



Author:ゆずな
*Twitter* @yuzuna910games
*Game Meter* Yuzuna
アイコンはnono様より借用。

カテゴリーリスト

openclose

コメント
<>+-
つぶやき(´ω`)。o0