プロフィール



Author:ゆずな
*Twitter* @yuzuna910games
*Game Meter* Yuzuna
アイコンはnono様より借用。

カテゴリーリスト

openclose

コメント
<>+-

 

紅花コンプしました!

皆様ごきげんよう、yuzunaです(=゚ω゚)ノ


今日は、今年一本目のゲームクリアをしてまいりました(*゚∀゚)=3

『越えざるは紅い花~大河は未来を紡ぐ~』

途中、休憩期間を挟みながらじっくりと読み進めてまいりましたが
めでたく、ナスラという国の若き王であるトーヤの攻略完了をもちまして
紅花、クリアでございます~(●´∪`)ホクホク


前回の記事で攻略中でした寡黙な青年、エスタルートに
どこか笑顔の柔らかさが中性的な魅力にもとれる美男子、ルジルート、
そして「メインです!!!」と言わんばかりにパッケージの中央に鎮座する王、トーヤ。


後半3人のルートも、他ルートに劣らず濃厚かつ果敢に攻めてくるパティーンで
正直私のライフは嬉しくもガンガンに削られ・・・心地よい疲労感すら漂ってますw

「果敢に攻めてくる」っていう表現は、我ながら抽象的にも思えますが
なんだろう・・・扇情的という意味でもそうだし、
えっ、そんな展開なの・・・!?(純粋にビックリ)っていう面でも。

とにかく、読者というポジションで物語を読み進めてる私にとって
断続的に、矢を射られているような心地でしたwww


ストーリーの構造上、メインキャラ達のルート派生があって、
そこから関連するキャラクター達にも枝分かれしていくかたちで
物語が進んでいくので、まぁ・・・なんていうかな。

やっぱりメインキャラたちにはひときわ愛着が持ててしまいますよね!

結果的に、他のキャラと結ばれてしまってから、
愛着のあるキャラクターの様子や心情を慮るともう胸が苦しくて苦しくて・・・
でもエンドリスト埋める手が止まらない私!ごめんねぇぇぇぇ!!!!!(_Д_*)


そんな罪悪感をところどころで感じさせられつつも、
ただ一人、鬼才・ノール様を前にしては
そんな感情は微塵も湧き上がってきませんでしたwww

彼にそんな感情を持ってはもはや無礼にあたるのではないだろうかなw
きっと紅花PSPをプレイされた方ならわかってくださるのではと思うのですがw


そんな鬼才のノールさんを上司とする、
寡黙な青年、エスタルートが私的には結構ツボでした。

最初にプレイして射抜かれたスレン様を、
一瞬だけ忘れさせてくれました(/ω゚\)♡

私はつくづくこういう人に弱いなぁ・・・w


と、いってもやっぱり、紅花を振り返ってみて、
さらにギャラリーで獲得スチルを見返してみれば
胸が高鳴るのはスレンの姿・・・(*pωq*)

狡い。 狡いぜ、スレンさん。


ナァラばかりでなく、
時には壁となり、時にはベッドとなり、(笑)
時には従者の皮を借りて見守ってきた私までもが・・撃ち抜かれたのさ・・・

(最後に攻略していたトーヤさんルートでもまた彼が登場して
 忘れていたはずの恋心を呼び起こされた・・・罪深い・・・・・・・・・・・・)


まぁ、そんな最愛のスレンさんも含めて、
紅花は、攻略キャラたちがとりわけ「人間味がある」ところが
とっても魅力的だと感じました。

R18から、そういった場面を削り、PSP作品として生まれ変わった紅花PSPが
この形でも広く愛されているのは、そういったキャラの魅力が大きいように思います。

もちろん、文章の明瞭さや、主人公の心身の美しさ、
物語の設定や展開にも、たくさんの魅力を感じました。

そうした要素と切り離せないのが、ヒーローたちの「人間臭さ」。

人間として美しい面も、醜い面もさらけ出して
ことさら心に刻み込まれていったのだろうなぁと。


そんな風に感じながら、紅花PSP締めくくらせていただきました(●´∪`)


いやー、これはPC版がどうなっているのか
ひっじょーーーーーーーーーーーに
興味をそそられる作品でございましたハァハァ(*´Д`)

残念ながら私自身はR18版紅花をプレイする機会は
持つ予定がありませんが、ぜひ成人乙女ゲーマーの皆さんには
太鼓判を押してPC版・PSP版、双方の購入を推したいと思います!w

web拍手 by FC2


\ブログ村ランキング参加中です♪/
ポチっと応援ありがとうございます♪


にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

※誹謗中傷およびそれに準ずる内容のコメントは予告なく削除される場合があります。何卒ご了承くださいませ。

Photo
反響記事