プロフィール



Author:ゆずな
*Twitter* @yuzuna910games
*Game Meter* Yuzuna
アイコンはnono様より借用。

カテゴリーリスト

openclose

コメント
<>+-

 

ナァラに惚れ込んで…紅花攻略スタート!

皆様ごきげんよう、yuzunaです(=゚ω゚)ノ


P4Gと並行して、いよいよPSP積みゲー最終章に突・入・です!
この作品をクリアしてしまえば、これまでストックしてきたPSPゲームは
すべて消化ということになります……!

いやー感慨深いものがあります…思えばPSPで幾多の乙女ゲーをプレイしてきました…
積みゲーの数も一時は30を越えるまでいきましたが、ようやくここまで…



さてさて、そんな有終の美にふさわしく
昨日より攻略開始しましたのは、

越えざるは紅い花~大河は未来を紡ぐ~

越えざるは紅い花~大河は未来を紡ぐ~


もとはR18作品から、PSP版へと展開された人気作品ですね!

すっごく楽しみにしていました!(*゚∀゚)=3


例によって、ほぼ何も情報を仕入れず、サイトも見ず
とりあえず、おすすめ攻略順だけサッと調べて、さっそくプレイしています。


まずは、パッケージでもひときわ大きく描かれている
赤い髪の彼…ではなく、その後ろに控えている
黒髪に紫タスキが麗しい スレン さんから攻略をはじめています!(=゚ω゚)ノ


これまで、『越えざるは紅い花(以降、紅花)』をプレイした人が
口を揃えて絶賛し、しかもPC版とPSP版両方手に入れているのを
「ほ~、そんなに面白いのか~」と のんびり見守っていた私なのですが
正直、プレイ序盤にして、PC版もやってみたくなってます。www


いやーなんていうか。

PSP版には追加シナリオとか、追加攻略キャラとか、いろいろ補完されているわけで
順序としては、 元祖PC版 → PSP版 という方が満足度も高いのでしょう。

ですがですがですがっ!!!!!

ぶっちゃけこの作品ならエロでも見たい!むしろエロが見たい!!!!!!!www

ちょっとこのあたりアツく語らせていただくっ!!!!



いや、私ももう、華を恥じらう乙女ぶってもいられないのでアレですが、
それでも、ここまで 『エロが見たい!』 って思わせられるって
正直スゴイなと思うわけですよ。

そりゃー私も、成人向け漫画をこっそり読んでドキドキしたり
アレな映像を見る機会がなかったわけじゃないですけども。
それでも18禁ゲーム、PCゲームは抵抗があります。もちろん今も。

PCを誰かに覗かれたら~っていう不安も勿論ですが、
男性向け成人漫画みたいな、ロコツにシチュエーションとか性癖を
突き詰めすぎてて、ただエロいだけ~、下品~、みたいなのは
いま、「恋愛ゲーム」には求めてなくて。


乙女ゲーでも、
結構キワドいシチュエーションとか、ダミーヘッドボイスとか
プレーヤーを「酔わせる」演出をしてる作品がいくつも出ていますよね。

でも、私はどっちかといえば、ストーリーとか、心情が
ぐっと心に訴えかけてくるほうがドキドキするので
男女のカラミ重視の作品って、かえって冷めた目でみてしまうことも。。。


そんな中、ですよ。

真っ向から恋愛、男と女を描いている作品が
こんなに共感をもって、興味深く楽しめるなんて・・・・!!!(*pωq*)



男女の恋愛、という要素の他に、世界平和とか、夢とか……
別のテーマを含む恋愛ゲームがほとんどの中、
紅花は、おどろくほど真っすぐに「男と女」を描いています。
余計な命題やテーマが無いから、
気持ちいいほどまっすぐに「恋愛」「男」「女」について語ってくれます。

そして、ちっとも下品じゃない。

紅花の世界では、「恋」とか「男女の仲」を
ポジティブなものとして語れない、おおきな理由が横たわっています。

そのため、「男女」の間に、何かしらの「重み」「闇」「思惑」などが見え隠れ。
これによって唯一最大のテーマである「男女の仲」が、
とても複雑で面白いものになっているんです…!


それに加えて、主人公がとにっかく、美しい……
見目もそうですが、性格も、声も、凛として美しいんですよね~……
(作品のイラストにはプレイ前そこまで惹かれてなかったけど、
 ひとたびスチルをみた途端、これはアリだなと。)

そう!声!!!
実は紅花の主人公には、ボイスがついています。(CV:立石めぐみさん)

もちろん設定でOFFにもできますが
私は主人公ネームもデフォルト「ナァラ」のまま、
ボイスONの状態でプレイするのが本っっ当に楽しいです。

楽しいというか…何というか……

名演技すぎて、聴いていると次第に
ナァラといっしょに自分までドキドキしてしまう類のもので。


あまりにもナァラがいい女なもんで、
ナァラが乱れる姿も見たくなるネ!!!(*゚∀゚)=3 ww



主人公のお友達として登場する、気の強い女の子の存在も
どこか「女子高にいそうな女の子」という感覚がうっすらあって、
それがまた、興味深いといいますか。

もともと男の子を受け入れようとしない気質の友人が
「男の子を受け入れようとする女性を、感情的になじる」シーンがあります。

この作品の世界観では、友人のセリフはある意味正論なんだけれど…
女子高で彼氏作らない同盟を破ったヌケガケを責めてる(※イメージ) みたいなシーンを
想起できるなぁ~と思ったりして、とっても興味深いんですよ。

作品内では、プレーヤーとして真面目に読み進めてるんですけど、
いちどゲームから離れてそういう風に現代転嫁で遊んでみると、
なるほどなるほど、現代の女性の感覚と遠からずなところもあって
このファンタジーの女性の心を感じることができているのも、頷けるなぁと思うわけです。



そんなこんなで、こんなに「男女の仲」のことばっかりを
四六時中考えさせられて、ヒロインを脱がせたくなる作品も
そうない
なと思って、とても興奮しながらプレイを進めていますwww


ほんとヒロインがやばい・・・まじやばい・・・史上最高に好きかも・・・・・



web拍手 by FC2


\ブログ村ランキング参加中です♪/
ポチっと応援ありがとうございます♪


にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

※誹謗中傷およびそれに準ずる内容のコメントは予告なく削除される場合があります。何卒ご了承くださいませ。

Photo
反響記事