ネタバレしないぉ!(`・ω・)ゲームプレイ日誌。

RPGとADV・推理モノが大好物の女子ゲーマーです。
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手 by FC2

\ブログ村ランキング参加中です♪/
ポチっと応援ありがとうございます♪


にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

【 --/--/-- (--) 】  スポンサー広告  | CM(-)

《クリアレビュー》クロノスタシア

クロノスタシア (通常版)


オトメイトレーベルから2014年に発売されたタイトルです。

いつもは「良かった点」と「今ひとつ?」に分けて項目立ててレビューしているのですが
この作品では、明確に切り分けづらい点が多かったので
感じたことをざっくばらんに取り上げてみたいとおもいます~。



※「続きを読む」をクリックするとレビューが続きます☆


☆『おとぎ話のような乙女ゲーム』

プレイして一貫して感じたのは、ファンタジーであるという以上に
とてもふわふわとしたシナリオの描き方がされていると感じました。
抽象的な表現で恐縮ですが、リアルをそぎ取った、まさに夢物語な感じ。

醜さ、という概念がほとんど存在しない、というのかな?

主人公も非の打ち所がない理想的な女の子として表現されていますし、
攻略キャラも、主人公と衝突するシーンはほぼ無いので
主人公とその周囲はすごく”綺麗に”描かれているなぁと感じます。

これは人により好き嫌いが分かれるところかと思いますが、
個人的には、あまりにも”キレイ”すぎて、(人間らしさが感じられず)
人物像に共感が出来なかったかなぁと・・・

背景やスチルの色彩がとっても美しくて、幻想的な雰囲気が
とても素敵に表現されており、それも相まって、「おとぎ話」みたいだなぁと感じました。


☆攻略しやすい、ボリュームはちょうどいい(文量はやや少なめ?)

攻略難易度としてはとても易しめかと思います。
エンド回収も、それほど苦には感じません。
ただ、データインストールを行わずにプレイしていた印象では、
スキップがとてもゆっくりに思えました。

そんなに重い処理をしているようには見えなかったのですが、
頻繁にディスクがジージー音を立て、読み込みディレイが発生するため
別エンドを回収するべく周回しているときには、進みの遅さが少々ストレスにはなりました。

データインストールでどの程度解消されるか未検証ですが、
PSP版をプレイされる場合は、データインストールを検討されるのも一案かと。


☆シナリオの文体そのものが少し幼く感じられる面も

ストーリーはそれぞれのルートがきれいにまとまっていて、
また、別のルートと意外なところでつながっていたりもするので
面白く感じられたのですが、

・表現に擬態語・擬音語がとっても多い
・敬語の表現が若干ですが不適切

上記の要素のためか、読み物としては、
わりと若年層向けの文章だな、という印象を受けました。

イラストの雰囲気と合っているので、不自然というわけではないです。
オトメイトレーベルの作品の中でも、比較的ティーンズ向けに寄った作品ということかな?


☆好感度上昇にかかわる「クロノスタシス」システム、周回には難かも・・・

物語中にときおり発生する、砂時計が光る現象。

砂時計が光っているときにアナログスティックを倒すことで
通常の字幕送りでは発生しない選択肢が出現する仕組みが「クロノスタシス」、
この作品でも重要な役割をもつシステムです。

このアイデアはとても面白く、ストーリーにもうまく絡んでいくのですが
既読スキップをしている時には、砂時計の点灯時に既読スキップが止まらず
見逃し、あるいはスキップ解除をして発生時に巻き戻すなどの手間が発生していました。

バックログを開き、シーンバックをすることができるものの
スキップ自体が進みが遅いことに加えて、「クロノスタシス」が周回をもたつかせていたかなと。

コンプリートクリアを想定すると、クロノスタシスのタイミングで
既読スキップが解けないのは少々惜しいなーと感じずにいられません・・・



☆まとめ

「ゲームをしている時は非現実的でもいいから素敵な物語が見たい」という方にこそ
この作品はおすすめです。

たまにファンタジーでキラキラした作風かと思いきやグッサリ抉ってくる乙女ゲーも
散見される中で、この作品はいい意味で裏切らないので、トラウマ持ちの方も安心。



キレイでかわいい作品ながら、私には刺さらなかったかな。

題材も面白いし、視覚的にもキレイな色彩が美しく楽しかったのですが
主にシナリオのテイスト、主人公の全面的な愛され描写に
「極上のお姫様感」を感じて、私にはちょっと合わなかったかな、と。

乙女ゲーを渡り歩いてきた私のような人たちにとっては、
ちょっと王道すぎるというか、物足りなさがあるかもしれません。

クロノスタシア (通常版)
クロノスタシア (通常版)


web拍手 by FC2

\ブログ村ランキング参加中です♪/
ポチっと応援ありがとうございます♪


にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

【 2015/11/03 (Tue) 】  乙女(アドベンチャー)  | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール



Author:ゆずな
*Twitter* @yuzuna910games
*Game Meter* Yuzuna
アイコンはnono様より借用。

カテゴリーリスト

openclose

コメント
<>+-
つぶやき(´ω`)。o0


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。