プロフィール



Author:ゆずな
*Twitter* @yuzuna910games
*Game Meter* Yuzuna
アイコンはnono様より借用。

カテゴリーリスト

openclose

コメント
<>+-

 

クロノスタシア初周してみて。

どうも皆様ごきげんよう、yuzunaです(=゚ω゚)ノ


PSP作品のストックが、みるみるうちに減っていってます・・・!
嬉しい!と同時に切ない!!!!

ある種、「たくさん積みゲーがあること」に安心感を覚えていたことに
気づかされます・・・選択肢がたくさんあるって素晴らしいことだね・・!!!w


そんなこと言ってても、時間がなにしろたっぷりありますので
積んでるものを気分でチョイスして、ひたすら遊ぶわけですが(人'v`)

今回の気分は、オトメイトレーベル作品の
『クロノスタシア』 になりました☆
比較的新しい作品ですよ!2014年発売!


ひとまず、一周!!ということで、
かわいらしい少年タイプ、っていう感じの
ティオくん(CV:松岡禎丞さん)から攻略してみました☆⌒('艸`*◆)


最初、物語のスタート時には
とにかく、ふわっふわしてて、お花畑で、
主人公は愛されてて、なんかもうとにかく愛に溢れてるのかな?という印象だったけど
個別ルートに入ったとたん、ぐわっと物語が動くのに引き込まれましたー・・・!


ティオくんの少年らしいあどけなさとか、
同世代の主人公とティオくんが交流をふかめる場面とか、
ほんわかするところのスチルがまたキラキラしていて
まるで大人向けの絵本を見てるかのような気持ちになったり・・・☆



いくつか気になる点はありつつも、
プレイをはじめたばかりのころにちょっぴり感じた
「この作品、もしかして気分がのれないかも・・」という不安は
杞憂だったらしいことがわかって、ホッとしてたりします。



実は、こうして一人クリアした今だから言えるのですが、
私にとっては少々、
序盤のシナリオテキストが鬼門だったといいますか・・・(((゚Д゚)))

個別ルートに入ってからは全然気にならなくなったのに、
序盤のシナリオがなんとなく引っかかってしまって( ´ー`)

なんだろう。振り返ってみて感じたのは
たぶん、最初に
「主人公はとってもいい子で、愛されてるんですよー!」
「この世界はとっても素敵な世界ですよー!」
「攻略キャラのみんなは、主人公にちょっぴり惹かれてるみたいですよー!」

っていうのをはっきりと匂わされてて、それがくどく感じるのかな・・・?


主人公のト書きに違和感を覚えたのもちょっとあったかな。

主人公は、同居している叔父さんをはじめ
街の人々や幼馴染にも愛され、
初対面のカタブツ警官にさえ好意的(?)な興味を持たれるなど、
とにかく愛され気質であることが
序盤のシーンで表現されています。

主人公は人気におごることなく、明るく元気に
街の人たちと交流をしています。

・・なのですが、例えば。

とある場面で、第三者にケンカをふっかけている幼馴染に
「にっこりとほほ笑む」と、その主人公が
「赤面して」どもり、おとなしくなる様子が語られるんですけれども。

主人公が、自身のにっこりスマイルに
幼馴染への影響力(魅了させるっていうこと)を持っていることを
自覚していないと、こういうト書きにはならないよなぁ・・・と、感じてしまったといいますか。


まぁ、幼馴染が相手なので、そういうこともあるんでしょう!とは思いつつ
幼馴染を懐柔しちゃうような、器用な娘にも思えないので
天然小悪魔疑惑が噴出しまして。www


でも、個別ルートに入ってしまうと、
もう全然普通の、至って普通の女の子なんですよ!
異性の男の子の言動に戸惑って、
恋を自覚して、ドキドキする、悩む、普通のかわいい女の子で。

こうして一周終えてみると、
やっぱり、序盤でそこまであからさまに
攻略キャラ全員(+サブキャラ)
主人公に興味(好感)を持たなくても、良かったんじゃないかなぁ・・と
思わずにはいられないわけなんですが・・・。

せっかく展開が面白いのに、
序盤が妙に逆ハーレム要素っぽく安っぽく感じてしまったので
なんか・・・個人的には、ちょっぴりもったいなく感じてしまったというか・・・

まぁいいか!なんたって今後は既読スキップだから!気にならなくなる!!!www




一人目の全エンド回収をする過程で、
同一シナリオを周回してみた感想としては、
なんかちょっぴり、テンポがイマイチかもしれない。

シナリオの展開テンポはとてもいいと思うのですが、
これは主にシステム面・・・ですね。


そんなにグラフィックや音響が重そうには思えないのに
やたらスキップがもったりしてるんですよね。
字幕がさらっと判読できるくらいのスキップ速度です。

データインストールでいくらか解消されるのかもしれませんが。

それから、この作品独自のシステムとして
画面の端、常に表示されている砂時計イラストが
光っているときを狙って
アナログスティックを倒すと何かが起こる
ようなのです。

この砂時計、ハッピーエンドに到達するためには
無視することができません。

が、しかし。
既読スキップをしている間は、
砂時計が光ってもあっさりスルーされることがわかりました・・・w

( ゚Д゚)y─┛~~


ということで・・・、
いつもは、攻略スタート時の自分ルールとして
わざとフラグをへし折りまくってバッドエンドを回収してから、
ハッピーエンドを見るべく2周目を楽しむ私なのですが
少しでも軽快に攻略するためには、どうやら・・

1周目ですべからく砂時計が光るのを見逃さず、
ハッピーエンドに無事に到達してから
フラグも砂時計もガン無視からのバッドエンド回収のほうが
やりやすそうだぞと・・・・・


うーん( 〃..)
このやり方だと、どうも後味が悪いというか、
気持ち的には、終わりよければすべて良しの方が好きなんですけどねぇ・・・


ぶっちゃけ、既読スキップが非常にゆっくりなので
砂時計を見つめていれば光った瞬間に気づくわけで
既読スキップとめてバックログから巻き戻しすれば、
砂時計をなんとかすることも全然できる感じではあります(*´・Д・)

が、正直・・・ずっと砂時計をチェックしながら既読スキップって、
目が疲れるし、少々めんd・・・・・・げふげふん。
なんというか、最近の乙女ゲームにしては、
あんまり周回にやさしくない?かも?

まぁいいか! シナリオのボリュームが長すぎないおかげで
既読スキップがゆっくりでも・・・半日で一人コンプできたもんな!(人'v`)




うう・・・何だろう、すみません、あんまりいいこと書けてないなぁ・・

一人コンプしてみて、これなら楽しめそうだなぁと思えたので
個別記事を起こしてみたのはいいものの・・・
やっぱり気になる点を無視できなかったという(´Д`;)

この作品は、幻想的な魅力がありそうだぞ、と今は感じています。

無駄に重いわけじゃないけど、ちゃんと考えさせるテーマもあって
それが、絵本の挿絵みたいな、淡い色彩のイラストとマッチしてて綺麗です。


これから攻略していくにつれて、お気に入りのシーンとか、
お気に入りのキャラができるといいなぁ(*´ェ`*)



web拍手 by FC2


\ブログ村ランキング参加中です♪/
ポチっと応援ありがとうございます♪


にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

※誹謗中傷およびそれに準ずる内容のコメントは予告なく削除される場合があります。何卒ご了承くださいませ。

Photo
反響記事