ネタバレしないぉ!(`・ω・)ゲームプレイ日誌。

RPGとADV・推理モノが大好物の女子ゲーマーです。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手 by FC2

\ブログ村ランキング参加中です♪/
ポチっと応援ありがとうございます♪


にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

【 --/--/-- (--) 】  スポンサー広告  | CM(-)

うたプリASAS、オールクリアッ!

皆様ごきげんよう、yuzunaです(=゚ω゚)ノ

久しぶりにプレイしたうたプリシリーズ、
存分に堪能させていただきましたっ!

うたの☆プリンスさまっ♪
All Star After Secret

全エンディング クリアーーーー!!!


リズムゲーは最低限、すべてEASYモードでSを取ったので
まぁ、今はもうリズムゲーはおなかイッパイかな!
うたミュ3がVITAで出るしっ!その時また遊ぶと思うのでっ!w



リズムゲーやってて一番楽しかったのは、
真斗の「Sanctuary」かも。

旋律がすごくキレイで、Repeatでプレイして思わず感極まった
あの名曲、「騎士のKissは雪より優しく」並みに好きです。

リズムゲーのキー配置も、すごく感覚的で
ぽちぽちしながら、歌を口ずさんで、すごくノれました(*´艸`)



それにしても、うたプリシリーズの面白いところは、
その作品ごとに、誰のルートがお気に入りになるのか
フタを開けてみるまでぜんぜんわからないところですね!!!www

なんつーか、もうプリンスたちはみんな大好きなので
推し、というか お気に入りのプリンスはいますけれども
そのキャラだって、例えば過去作シナリオでは印象悪かったりしますしwww

逆に、これまでそんなに飛びぬけて好き!ではなかったのに
ASASで初めて、ずっきゅんきたキャラクターもいます。


それが私の場合は OTOYA だったんですけどね!!!!!!!

OTOYA と RANMARU、凄く好きでした・・・///

アッ、「当たりはずれ」とかの問題じゃないですよ!!

どのルートも、いろんなアプローチがあって、
もちろんFDらしく甘々なところもあって
キャラの魅力再発見!っていうところがどのキャラもあって
総合的に、どのルートも満足でした♡



そうそう・・・前回の記事で、私こんなこと書いてたんですけど、

少女にうたプリASASをプレイさせてよいものか悩んでいる
保護者のみなさま!!!!
うたプリASASは、たぶんとっても健全です!!!!www
安心して娘さんに買い与えてあげてください!!!!www

・・・いや・・・レンさま真斗さんの二大巨塔を確認するまで油断はできないか・・・っww



これがまさかの、
トキヤさん Sexy,Sexy 案件が発生で、
うん、やっぱりCERO C 品質でしたwwwww

そうだよな・・・トキヤさん、
セクシーセクシーワントゥッドゥーイッ♪
 セクシーセクシーワントゥッドゥーイッ♪
 ・・・・・って
ガッツリ歌ってたわ・・・収録曲「Independence」で( ´ー`)

直接的にアレなのはあんまり・・・ないんですが、
(たぶん、ASの方が結構それを匂わせててグレーだった気がするし)
トキヤさんはセクシーでしたから・・・もうそれしか言えねぇ……


CERO Cかどうかはわかりませんが、
蘭丸ルートもいい具合にニヤニヤできました・・・
というか、すごくご褒美でした・・・
初っ端から、萌えのバクダンが破裂しまして
twitterでも思わずつぶやく始末。


クリア後に聞いた、鈴木達央さんのキャストコメントでも萌えまして
なんていうかもうホント・・・ご褒美!!!!でした!!!



レンくんルートも、楽曲の意外性はもちろん
スチルで見ることが出来たレン様のコスチューム姿も
これまでのイメージの幅を、さらに膨らませてくれて
とても楽しめました・・・!

これまでのシリーズで、ある程度キャラクターのイメージは固まってきたつもりでいたけれど
ここにきて、新たなステップアップをしてくれたなぁと!


レン君に限らず、プリンスの皆さんが、
何かしら「チャレンジ」して、これまでの殻を破ってくれたのが
今作だったかなぁと思います。


先輩ルートに比べて、STA☆RISHは曲にあまり踏み込まず
そこがちょっぴり物足りなかったというか、

「なんでこの歌詞になったんだろう?」っていう部分を
もっと突き詰めてほしかったなぁと思わなくもないカナ・・(*'ω`*)ゞ



うたプリシリーズの楽曲は、
シナリオと歌詞がリンクしているから共感しやすくて、
それが私の中で「キャラソン」じゃなく、
生きた「アイドルソング」だと思える要素だったりします。

もしも、うたプリがリズムゲー単体だったり
アイドルソングと恋愛ゲームがこんな風にリンクしてなかったら
多分ここまでうたプリシリーズを追いかけ続けることはなかったかなと。

このスタイルでこれからも!
ぜひうたプリシリーズを続けていってほしい・・・!

前の記事にも書いたけれど、
先輩として四苦八苦するSTA☆RISHも見てみたいなぁ・・・!

web拍手 by FC2

\ブログ村ランキング参加中です♪/
ポチっと応援ありがとうございます♪


にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール



Author:ゆずな
*Twitter* @yuzuna910games
*Game Meter* Yuzuna
アイコンはnono様より借用。

カテゴリーリスト

openclose

コメント
<>+-
つぶやき(´ω`)。o0


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。