プロフィール



Author:ゆずな
*Twitter* @yuzuna910games
*Game Meter* Yuzuna
アイコンはnono様より借用。

カテゴリーリスト

openclose

コメント
<>+-

 

《クリアレビュー》逢魔時~怪談ロマンス~

逢魔時~怪談ロマンス~


クインロゼの怪談モノをテーマにした乙女ゲー。
ホラー要素はありませんので怖いものが苦手な方でも安心して楽しめます。

ロゼ独特の世界観、いい意味でひねくれ気味な女性の独白など
他のレーベルにはないロゼスタイルがこの作品でもきっちり継承されています。

とはいえ、ファンタジー設定のわりに主人公の思考が常識的なので
わりと共感しやすい、可愛げのある主人公ちゃんだと私は感じました。

選択肢の分岐により、意外と多いエンド分岐があります。


※「続きを読む」をクリックするとレビューが続きます☆


☆良かった点

・伏線もきちんと回収するストーリー

乙女ゲー、というジャンルで括るには惜しいくらい、
きちんと設定が練られていて、ストーリーに盛り込まれているなあと
感じるところが大きかったです。

妖怪ってお金事情どうなってるの?とか、ちょっとした疑問は残りましたけど(笑)、
それは別にどうとでも想像できることであるのでまあいいかなと。

一番キモになる部分や、さまざまなエンド分岐で
細かい違いではありますが、いろいろな結末を見ることができ、
その中で、物語の中の謎も大なり小なりすべて解消されました。

フルコンプしなくても、ある程度の物語の全体像を匂わせているのは
フルコンプ厨としては若干物足りないところではあるのですが、
きっと好きなキャラだけプレイするというプレイスタイルの方も少なからず
いらっしゃると思いますので、そういった方にもやさしい作りになっているかな、と。



・キャラとキャストがよく合っていました

不良、優等生、後輩、幼馴染 etc...

さまざまなタイプのキャラクターに、
ぴたりとはまる人気声優さん達の王道ボイス・・・

しかも紡がれるのはロゼさんお得意の艶っぽいせりふなわけで、
これだけでもかなり嬉しい要素ですね!!


☆今ひとつ?

・スチル、主人公の顔表示がいまひとつ

スチルのイマイチなところは、体勢や顔立ちがどこか不自然なものが
散見されたところです。
立ち絵はキレイなのに、ここぞという場面で表示されるスチルの方で粗が目立つのは
折角のシーン演出で興ざめしてしまいかねないかなと・・
少なからず現実に引き戻されてしまうのが惜しかったポイントです。

といっても、全てのスチルがイマイチだったわけではなく、
表情もポーズも構図も素敵で、うっとりするものもありました・・・っ!

全部があのクオリティだったら相当萌えたと思うだけにちょっぴり残念。
どちらかというと、立ち絵よりスチルの方が綺麗であってほしかったかも。

主人公の顔表示についても、全体的にはキレイだったのですが・・
スチルでは浴衣なのに立ち絵は制服・・・とか、
相手に迫られて熱っぽく呟いてる顔がイマイチだったりとか( 〃..)
場面とフィットしない立ち絵の表示に少し戸惑いました。



・エンド分岐が多い割に既読スキップが少々たいへん

既読スキップはRボタンの長押しという、
読み物ゲームの中ではちょっと難儀なキー設定になっております。

意外と、数分間キーを押しっぱなしって、
なかなかキツいんですよね・・・w

スキップ中、他の動作がしにくくなりますしねw



☆まとめ

期待していた艶っぽさは、ベテラン声優さん方の名演と
いくつかのキレイなスチルで十分堪能させていただきましたv

下のパッケージで顔が大きく出ているキャラは
総じて萌えましたし大満足ですv

幼馴染くんだけは私の肌には合いませんでした・・・
というか、あまり真っ向な恋愛を楽しめない、ちょっと特殊なルートかも。

彼を恋愛対象として一番に期待して買うと、ちょっと残念な結果になるかもしれないので
気になるキャラが他に何人かいればお試しの価値アリです。

妖怪たちが舞台なんて、イロモノっぽく見えるかもしれませんが
中身はしっかりと骨組みがあり、キャラクターも王道なところがあるので
結構受け入れやすいと思います♪

逢魔時~怪談ロマンス~
逢魔時~怪談ロマンス~



web拍手 by FC2


\ブログ村ランキング参加中です♪/
ポチっと応援ありがとうございます♪


にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

※誹謗中傷およびそれに準ずる内容のコメントは予告なく削除される場合があります。何卒ご了承くださいませ。

Photo
反響記事