ネタバレしないぉ!(`・ω・)ゲームプレイ日誌。

RPGとADV・推理モノが大好物の女子ゲーマーです。
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手 by FC2

\ブログ村ランキング参加中です♪/
ポチっと応援ありがとうございます♪


にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

【 --/--/-- (--) 】  スポンサー広告  | CM(-)

白華の檻コンプリート!!

みなさまこんばんは♡

三連休最終日ということで、
焦燥感に包まれておりますゆずなです。(笑)


宣言通り、この連休で

『白華の檻』
コンプいたしました~ッッ!!!!!
ウゥッ・・・(*pωq*)



それはもう、思わず眉間にしわをよせずにいられないような
「もう・・・こっちが辛くて見てられないッス…><」
という場面も多々ございました!


重い、苦しい、嘆きたくなるような展開もございました!

けれど、めちゃくちゃ素敵でした

音楽・絵、そしてストーリーが
見事なまでに、幻想的で、すこしだけ残酷で・・・
とっても美しい物語にまとまっていました♡


キャラクターがまた、いいんですよねぇ・・・!
別のキャラのルートで見せる雄姿がまた
心憎いほどカッコ良かったり
しました。


好きなストーリーのルートでいうと、
案外私は、古嗣さんのお話が印象に残っています('-')

他ルートでもキュンキュンしたのは空疎尊さん。

戦闘スチルがピカ一だわと思ったのは
やっぱりメインヒーロー、幻灯火さまかな。


ですが、ですが!

意外や意外!

一番萌えたキャラクターは、実は
胡土前さんと秋房でした(*ノωノ)

とはいえ、他のキャラクターも、ルート周回しているうちに
ジワジワくるんですよね・・・(*σ´Д`*)


想う心の清らかさというものに、
私もプレイしていて、救われた心地になりました・・・!



あと、何度も書いてしまったことだけれど、
とにかく厨ニ病を発症しそうになりましたwww

特に、胡土前ルートや空疎尊ルートでwww


最後にプレイした幻灯火ルートでは、
「うわww超必殺技カッコヨスwww」なんてテンションには
ならなかったんですけれどねぇ・・・(。・ω・。)

おそらく、ストーリーの中で描かれる「罪」や「葛藤」の描かれ方が
よりディープなものになるにつれ、
戦闘シーンも、決して楽観視できない、苦しい気持ちで
プレイするようになったのかなー、と。


全ルートをプレイしてみて、
どうやら、緋色4(平安時代)から緋色1(現代)への
子孫のつながりがあるようだとわかって、
そうなると、大好きな胡土前さんたちの血は
どんな風に受け継がれているのか・・・

果たして遺伝はあるのか!?

姫の風習はどうなったのか!?


そんな疑問と興味がふつふつと沸いてきまして、
これは緋色1もプレイせにゃならんなー!と思いました次第です('-'*


あとあと、今回本編のベストエンドも、
その後の展開が気になるものが多かったので
ファンディスクもぜひプレイしたいです!

特にやっぱり胡土前ルートの結末、
その後どうなったのかは気になります~!
いや、胡土前びいきっていうワケじゃなくてですね(笑)、
主人公が幸せになれるかどうかが一番不透明だったルートでしたので・・・www

いやーきっと胡土前さまのことだから
障害すらもざざっと叩っ斬って、
幸せにしてくれるであろうことは自明の理ですけどね!(/・ω・)/





さてさて。
白華の檻をクリアいたしましたので
そろそろ、うたの♪プリンスさまっ☆MUSIC2
プレイしていこうかなと思います・・・・!!

先輩キャラとのからみも多くあるようなので、
全曲解放はもちろん、なるべくおまけシナリオの解放も
頑張ってみようかな!(*'ω'*)
スポンサーサイト


web拍手 by FC2

\ブログ村ランキング参加中です♪/
ポチっと応援ありがとうございます♪


にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

【 2013/09/16 (Mon) 】  白華の檻~緋色の欠片4~  | CM(2)

『覚悟ォォ!!』 「---遅いッ!!」ズシャッ!! 『ぐッ…!?』 に憧れる 《白華の檻》

力が、欲しいか―――





―――欲しい欲しい!!(≧▽≦)ノ

どうも。万年厨二病、ゆずなです。


タイトルは妄想ですが、こちらの場面設定としましては、
きっと多くの方がつかんで下さっているのではないかと思うのですが
念のために解説をさせていただきますと


巨悪と、ついに対峙するに至った主人公・・
圧倒的な力でねじ伏せようとする敵に、
主人公、絶体絶命!?

・・・かと思いきや、主人公チート発動、
攻撃は全て読めていたーーーーー!!!www
主人公が猛攻をヒラリとかわし、返す刀で
宿敵に、会心の一打を放つ―!!!



こんな感じですかねwwww

やばいwwこんな主人公かっこいいwww


・・・と、これは、今までそれこそ
山のように触れてきたような物語たち、
アン○ンマンとか●●戦隊とか、
今の世代ではプリ○○アとか、かな?

そういった作品達から学んできたような
巨悪を倒し、平和と幸せを手に入れる物語というのは
ムズがゆくもあり、気分がスカッとするものでもあります。


一方で、
「その一撃で倒せるなら、わざわざ満身創痍にならずに
 はじめからそれやればいいじゃない・・」

身もフタもない、辛らつなツッコミを心中で浴びせそうになり
あわてて踏みとどまったりもします。


程度の差こそあれど、
みなさまきっとそんな記憶、甘酸っぱい想いを
お持ちなのではないでしょうか・・・///▽///


ただ闘うだけですと、それは醜いばかりの
人間の傲慢をさらす「倒しあい」になってしまうのですが

窮地に追い込まれたり
突然幼い日の記憶が蘇ってきたり
大好きな人が手にかけられて、絶望したり

そんな胸アツな場面を見せられれば
自然と、こちら側の「正義」も定まるもので
手に汗握って応援して、勝利を得ると
自分のことのように拳をふるわせてしまうわけです。


私としては、
あれだけ周囲から恐れられて
これまでも強敵扱いだったヤツの猛攻撃を

まるでサーファーかスノーボーダーのごとく
華麗に避けきって、そこから決死の一撃を決めちゃう
そんな強すぎるチート主人公は、大好きです。


武勇にすぐれた主人公には、
精神攻撃が有効と相場が決まっておりますゆえ
宿敵もますます執拗で、同情の余地も与えないような
嫌がらせ口撃を仕掛けてくる
わけですね!


主人公もその巧みなコトノハに踊らされて
やっぱり窮地に追い込まれるのですが
大抵は愛の力で切り抜けてくれます。


私、そんな闘う主人公、大好きです!!www



それにしても、冒頭に戻りますが
格が違いすぎる相手というか、それこそ

「おまえの刀にはハエが止まっているようだ」 とか

「そんなものは効かぬ・・・!!」 とか

言ってみたいですwwwww



大地を割った刀筋を受け流したり

漢字しかないこむずかしい呪文唱えて
超人的な力を手に入れたり

やってみたいですwwww



で、結局私は、ホントウは何が言いたかったのかといいますと、
乙女ゲームながらに厨二病を呼び覚ましてくれた
『白華の檻』、すっごく楽しいです・・・!!!!!!!
(やっと本題)



時は平安時代。

檻というキーワードがタイトルに使われているだけあって
罪や宿命、といった、心象的にはマイナス・消極的な
題材を扱っていますので、作品の雰囲気は
しっとり、やや暗、やや重、といった感じ。


自然の力を司るカミの存在と、
脅威の剣技をもつ戦える巫女、主人公。


5人の攻略キャラクターたち、それぞれとの物語は
毎回がオドロキの連続です。

パラレルストーリーとでもいうのでしょうか・・・

ひとつとして同じ展開がなく、
「えっ!?こちらではそう来たか!?」と
趣向をこらされたシナリオ運びに感嘆の一言です。

攻略キャラもそれぞれがすごくかっこよくて、
スチルが美しくて
さらには曲がたまらなく美しいものばかり
で!!


恋愛アドベンチャーとしての総合的なレベルの高さは、
相当高い作品ではないかと思ってます。


でも、私がやっぱり一番興奮かつ楽しんでしまってるのは
戦闘シーンかもしれませんwww


たぶん、冒頭の妄想シーンに共感いただけた方、
あるいは、自分が主人公になった気分で
圧倒的な強さに酔える方なら、
至福の時間が待っているかもw


私は、白華の檻をプレイしながら、
脳内に湧き出る厨二ワード(戦闘編)に
ニヤニヤしている今日この頃です。

web拍手 by FC2

\ブログ村ランキング参加中です♪/
ポチっと応援ありがとうございます♪


にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

【 2013/09/12 (Thu) 】  白華の檻~緋色の欠片4~  | CM(8)

めくるめく白華ワールド♪

みなさま、こんにちは♡
えー昨夜、うたプリMUSIC2が届いているかと思いきや、
配達業者さんがご丁寧にも事務所に持ち戻りしてくださりまして
やっぱり安定の一歩遅れなゆずなです(*´ω`*)ノ

白華の檻、とっても楽しくプレイしております!!


・・・ちょうど最近、白華の檻FDが発売されたばかりのようで
感度の高い方はすでに入手し、プレイされているようで・・・

もしかしたら、タイトルを見てくださって、
「白華FD」の感想を期待してお越しくださった方がいるかもしれません・・・!!


ごめんなさい!本ブログでは安定の一歩遅れがデフォルトでございます!!
今更ですが白華の檻 (無印)を堪能中です!!



ひぇぇ(((´ω`;)))
相変わらずのおそばせプレイで大変恐縮でございます・・・



そんなこんなで、
白華の檻 胡土前さんルート
完遂してまいりました!



いやー、胡土前さん・・・いいわ(*´∀`*)ノ

なんだか、主人公と胡土前さんがイイ雰囲気になると、
思わず「ヒューーーヒューーーー!!!」って叫びたくなりましたwww

黒田さんという声優さんのボイスが、
結構ハードボイルドというか、渋い大人の色気って感じの声でして
ふぉわぁぁぁ(*´ハ`*)でした。ww


武道派キャラにしておくには惜しく感じられるような
スマートなボイスでしたね。
いや、合ってないわけじゃなかったんですがww
なんというか、刀よりも銃が似合いそうなハードボイルドボイスでwww

ガッシャンガッシャン闘うような、無骨なキャラなハズなんですが
たまに、戦闘のさなかだというのに
まるで爽やかな一陣の風が吹きそうな美声でした。


胡土前さんが「姫さん・・・」って呼ぶたびに
立ち絵の優しい顔立ちと相まって、キュンキュンきましたwww


なんだろう・・・私、白華はじめてから、
めっちゃキュンキュンしているみたいです!!!www(///▽///)



主人公ちゃんも、過酷な運命に翻弄されながらも
惹かれるものと、強さをもってる魅力的な女性ですね!

なんだか、心身の強さをもった美しい女性像が
「S.Y.K~新説西遊記~」や「十三支演義」に通じるものがあります。


そして、戦いを中心に描いている物語なので
半分以上誰かしらと戦っているんですが
技やら奥義やらが多彩!www

しかも、自然の力を自在に操っちゃうあたりがもう
厨二アンテナをガンガン刺激してくれて
本来はハラハラする場面であってもお構いなしに

「ふぉーーー!!封印を開放するとかカッコイーーwww」
みたいな、厨二病まるだしの興奮を覚えています(´∀`*


私自身、こころのどこかで、
いざ電車が横転するとか、地表が大きく割れだすとか、
そんな緊急事態が起こったときには
某アクション映画ばりの大跳躍して、壁走りで回避しちゃう、
そんな超人的イメージトレーニングだけは鍛錬している身ですので、

絶体絶命・・・からの、
大きな力を解放!みたいな超展開は
正直・・・・・大好物であります(*´人`)www


恋愛は好きだけど、戦闘シーンは別に興味ないなぁ・・という方だと、
もしかしたら、飽きてしまうやもしれないくらい、
とにかく戦闘シーンが多い、というか
ほとんどなにかしらと闘っていますwww

ここを楽しめるかどうかが、
白華にハマってしまうかどうかの
ひとつのターニングポイントなのやもしれませんね。


それにしても、クリアした胡土前はもちろん、
どのキャラクターも軒並み美しい・・・!


1周している中でも、
少しだけ他のキャラクターの性格などが垣間見えて
これからの周回がとっても楽しみです♡


周回が楽しみといえば、このゲーム、
エンドリストが表示されるのでコンプまでの道のりが分かりやすい~!!

さらに、コレどうして搭載したwwwって感じの面白システムなんですが
すべてのバッドエンドに対してミニシナリオがついているという
親切心と遊びゴコロ満点なシステムまで搭載
していて
これがまたおもしろいwwwww

このシステムが、あの怒涛のバッドエンド数で知られるAMN○SIAにも
搭載されていたらと思わずにいられないのですが(笑)、

本編の、切なさや、やりきれない思いというか・・そういう、
この秋の夜長にぴったりな、シックな思いを抱かせる作品の雰囲気から
一気に別世界に連れて行ってくれるこのシステムが、
私はだいすきですwww


胡土前ルートを完遂するまでに、
まるで私の心を蝕むように、白華が迫ってきて
コンプするまで、このまま駆け抜けてしまおうと思っています・・・!

web拍手 by FC2

\ブログ村ランキング参加中です♪/
ポチっと応援ありがとうございます♪


にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

【 2013/09/06 (Fri) 】  白華の檻~緋色の欠片4~  | CM(1)

白華の檻、はじめました☆

みなさまこんにちは♪ゆずなです(*´ω`*)ノ

9月に入りましたが、いかがお過ごしでしょうか・・・
まだまだ残暑厳しい折ですが、
すでに東北地方では冷たい風が吹いているとか・・!!

季節の移り変わりって、こんなに早かったです?(・ω・)


そんなこの時期を楽しく充実した毎日にすべく
選びましたのがこのタイトルー!

オトメイト作品
『白華の檻 ~緋色の欠片4~』

はじめましたっ!!


しらはなのおり、とよむそうです。
これで私も檻ガールですねっ!?Σ(Φ∀Φ´)←たぶん違います


タイトルにナンバリング表記が入っているものって、
なんとなく「じゃあ1からスタートしたいなあ」と、いつもの私なら思うところなのですが
緋色シリーズの1作目って、ナント2006年の作品らしいんですよね・・・!!


そうなると、もはやシステムやらイラストやらも
だいぶいま私たちが触れているものとは違うんだろうなぁと思います。

それに、同一世界の物語ではあるようなのですが、
時代も登場人物もまったく異なる作品ということで

緋色シリーズはじめてのプレイでも問題なく楽しめそう!

だったら緋色4をプレイしてみて、
気になったら他のナンバリングタイトルもプレイすることにしよう!


そういった経緯で、プレイを始めることにしました(´ω`)


まぁパッケージから超美麗なイラストが展開されていまして、
タイトルもなんだか、ちょっと耳慣れない「白華の檻」。。。

そして、時代モチーフにしてはとても珍しい「平安時代」を舞台にしているとあって
とっても幻想的!だけどすこし、ムズカシそう・・・!!!


そんなファーストインプレッションでございました。


さっそく進めてみたところでは、
地の文にちょっとカタい表現があって、
たまに「・・・ん?どういう意味?」とバックログを振り返ることはあれど、

基本的にはキャラクターがイキイキしていて愛嬌があり
中でも、まえぬさんが演じる隠岐 秋房というキャラクターは
いい具合にいじられてぷんすかしているところが愛らしくて
もぅなんていうかずっとニヨニヨ見ていたい!!


主人公の芯の強さ、ストーリーの緩急のつき方なども相まって、
何となくS.Y.K~新説西遊記~十三支演義のような
オトメイト作品と、雰囲気が近しいかもしれないなーと感じます。

私、どっちの作品も好きでして、
特に十三支なんてそれはもう大好きですから、
この作品とも相性がいいかもしれないです・・・♡

白華の檻も、スチルがきれいだしキャラクター素敵だしで
とっても楽しんでいる今日この頃であります・・・!(((>ω<*)))


はじめに攻略するキャラクターは、
たくましい肉体派&低音ボイスがセクシーな
胡土前 というキャラクターにしました。


あぁ、この作品をオトパ前にプレイしていたら、
きっとオトパの朗読劇も、また違った心境で見ていたのかなぁと
そんな思いもよぎりつつ、
それでも、この作品との出会いをくれたオトパと
薦めてくれたお友達に感謝しつつ、プレイをしていきたいと思います♡

web拍手 by FC2

\ブログ村ランキング参加中です♪/
ポチっと応援ありがとうございます♪


にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

【 2013/09/03 (Tue) 】  白華の檻~緋色の欠片4~  | CM(8)
プロフィール



Author:ゆずな
*Twitter* @yuzuna910games
*Game Meter* Yuzuna
アイコンはnono様より借用。

カテゴリーリスト

openclose

コメント
<>+-
つぶやき(´ω`)。o0


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。